2016.1.9 10:19

闘莉王、名古屋を退団 守備の大黒柱としてチームに貢献

闘莉王、名古屋を退団 守備の大黒柱としてチームに貢献

田中マルクス闘莉王

田中マルクス闘莉王【拡大】

 サッカーの元日本代表DFでJ1名古屋の田中マルクス闘莉王(34)がクラブを退団することが9日、分かった。関係者によると、闘莉王の代理人が8日、久米一正社長に契約を更新しないことを伝えた。新たな所属先は決まっていないという。

 闘莉王は2010年シーズンに浦和から名古屋へ加入した。当たり負けしない高い身体能力とリーダーシップで、守備の大黒柱として同年のリーグ優勝に貢献。昨季もリーグ戦30試合に出場するなど中心選手として活躍した。だが、年間9位に終わったチーム成績などを理由に大幅な年俸の減額を提示され、回答を保留していた。

 日本代表では10年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場し、主力として16強入りを果たした。(共同)