2015.9.30 23:28(1/2ページ)

乾の同僚がエイバルの雰囲気を語る「お互いが助け合おうとしている」

乾の同僚がエイバルの雰囲気を語る「お互いが助け合おうとしている」

特集:
乾貴士
乾の同僚がエイバルの雰囲気を語る「お互いが助け合おうとしている」

乾の同僚がエイバルの雰囲気を語る「お互いが助け合おうとしている」【拡大】

 MF乾貴士の所属するエイバルで今季開幕以降3得点を挙げているFWボルハ・バストンが、スペインメディアのインタビューでチームの現状や雰囲気などについて語っている。

 昨季サラゴサ(2部)で39試合出場23得点という活躍を見せたボルハ。この夏エイバルに加入すると、開幕から6試合で3ゴールを記録してチーム得点王としてエイバルの攻撃陣をけん引している。

 スペイン『マルカ』のインタビューに応じたボルハは、自身のエイバル移籍を次のように振り返っている。

 「いくつかオファーをもらっていた。だけどエイバルは最初から強い関心を示してくれたんだ。僕は自分の感覚や感情を信じるから、移籍を決めた。今のところ、すべてがうまく行っているね。最終的に僕にとってもエイバルにとっても良い移籍だったとなるように祈っているよ」

 「エイバルはすごく良いチーム作りをしていた。自分たちの居場所が1部にあるということを証明するモチベーションに満ちているよ」

 ホセ・ルイス・メンディリバル監督に率いられるチームには、常に歓迎の雰囲気があるとボルハは明かす。

【続きを読む】