2015.4.5 19:46(1/2ページ)

ドルト・フンメルス、効率の差で敗戦悔やむ「効率の差が決定的だった」

ドルト・フンメルス、効率の差で敗戦悔やむ「効率の差が決定的だった」

ドルト・フンメルス、効率の差で敗戦悔やむ「効率の差が決定的だった」【拡大】

 4日に行われたブンデスリーガ第27節の試合で、ドルトムントはホームにBミュンヘンを迎えて0-1の敗戦を喫した。ドルトムントDFマッツ・フンメルスは、決してドルトムントの戦いぶりがバイエルンに劣っていたわけではないが、効率面が勝負を分けたと試合を振り返っている。

 両チームともにチャンスの少ない展開の中から、バイエルンは前半に先制。FWロベルト・レヴァンドフスキがフンメルスを背負ってターンし、パスを受けたトーマス・ミュラーのシュートのこぼれ球を最後は再びレヴァンドフスキが頭で押し込んだ。

 後半にはドルトムントも反撃のチャンスを迎えたが、GKマヌエル・ノイアーの壁は破れず。60分過ぎにはフリーで抜け出したMFマルコ・ロイスのシュートがゴール右に外れ、後半終了間際にもロイスの直接FKをノイアーが圧巻のセーブで阻んだ。

【続きを読む】