2015.4.5 09:02

ドルト撃破のグアルディオラ監督、内容に不満も「大きな一歩」

ドルト撃破のグアルディオラ監督、内容に不満も「大きな一歩」

ドルト撃破のグアルディオラ監督、内容に不満も「大きな一歩」【拡大】

 Bミュンヘンは4日、ブンデスリーガ第27節でドルトムントと対戦し、敵地で1-0の勝利を飾った。ジョゼップ・グアルディオラ監督は、内容に満足していない様子だが、優勝に近づいたことを喜んだ。

 バイエルンは2位ウォルフスブルクとの勝ち点10差を維持して首位を独走中。優勝は時間の問題にも見える。試合後の指揮官のコメントが、クラブの公式サイトで紹介された。

 「今日は大きな一歩だ。残り7試合で4勝すれば、優勝を決めることができる。プレーについては、今日見せたものとは違うものが本来の希望だ。でも、今は誰がプレーできるかでフォーメーションが決まってしまう状況だからね」

 「ドルトムントに勝つのは簡単なことではない。後半は非常にうまく守り切ったけど、良いプレーは見せられなかった。でも、なんとか対応でき、チームとしてよくまとまっていたね」

 特にDFダンテの奮闘をたたえている。

 「選手たちを祝福したい。そして、この勝利をダンテにささげたい。彼は最近、あまり多くプレーをしていなかったが、チームにとって非常に重要な選手なんだ。チームにダンテを1000人ほしいくらいだよ」

 MFチアゴの復帰にも満足している。

 「チアゴも長い間欠場していた。不運が続いていたけど、彼は戻ってきた。我々にとって、グッドニュースだ」

 バイエルンは8日、DFBポカール準々決勝でレーバークーゼンと対戦する。(Goal.com)

試合結果へ

試合日程へ

勝敗表へ