2014.6.21 05:02

カズ、日本代表ドローにガッカリもエール「可能性が残った」

ブラジルから帰国した、サッカー元日本代表FW三浦知良=20日午後、羽田空港

ブラジルから帰国した、サッカー元日本代表FW三浦知良=20日午後、羽田空港【拡大】

 日本サッカー協会のアンバサダーとしてブラジルW杯へ派遣されていたJ2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(47)が20日、パリ経由の日航機で羽田へ帰国した。

 日本時間20日の日本-ギリシャは機内にいたため、インターネットで確認したというカズは、0-0の引き分けに「相手が1人退場してディフェンシブになって、逆に嫌だなと思っていたんだ」とガッカリ。それでも「この(勝ち点)1ポイントが日本を救うということもある。決勝トーナメント進出への可能性が残ったのは事実だし、まだあきらめる必要はない。第3戦を楽しみにしている」とエールを送った。

 予定を変更してギリシャ戦も現地観戦する計画を立てたが、「国内便のチケットが取れなくて」と断念。予定通りに帰国し、日本で朗報を待つ。 (宇賀神隆)

(紙面から)