香川真司(ドルトムント)

プロフィール

ふりがな かがわ・しんじ
所属 ドルトムント(GER)
ポジション MF(ミッドフィールダー)
出身地 兵庫県
生年月日 1989年03月17日生
身長 175cm
体重 68kg
血液型 A型
利き足
経歴 黒川高校−
ウィザス高校−
セレッソ大阪−
ドルトムント−
マンチェスター・ユナイテッド−
ドルトムント
チーム遍歴
2006-2010.07 セレッソ大阪(JPN)
2010.07-2012 ドルトムント(GER)
2012-2014.08 マンチェスター・ユナイテッド(ENG)
2014.08- ドルトムント(GER)
成績(クラブ) ※リーグ戦
シーズン 所属クラブ 背番号 試合 得点 アシスト
2006 セレッソ大阪 29 0 0 0
2007 セレッソ大阪(J2) 26 35 5 9
2008 セレッソ大阪(J2) 26 35 16 10
2009 セレッソ大阪(J2) 8 44 27 11
2010-11 ドルトムント(GER) 23 18 8 0
2011-12 ドルトムント(GER) 23 31 13 9
2012-13 マンチェスター・ユナイテッド(ENG) 26 20 6 5
2013-14 マンチェスター・ユナイテッド(ENG) 26 18 0 3
2014-15 マンチェスター・ユナイテッド(ENG) 26 0 0 0
2014-15 ドルトムント(GER) 7 28 5 5
2015-16 ドルトムント(GER) 23 29 9 7
成績(代表)
シーズン 年代  試合 得点
2008 五輪代表 3 0
A代表 6 1
2009 A代表 4 1
2010 A代表 7 1
2011 A代表 11 6
2012 A代表 9 3
2013 A代表 16 4
2014 A代表 9 3
2015 A代表 14 4
2016 A代表 7 4
軌跡
年月日 詳細
1989.03.17 0 兵庫県神戸市に生まれる。
2001 12 FCみやぎバルセロナのジュニアユースに入団
2004 15 FCみやぎバルセロナのユースに昇格
2004.04 15 黒川高校に入学
2005.12.18 16 セレッソ大阪と仮契約
2006 16 セレッソ大阪に入団し、通信制のウィザス(現第一学院)高校に転校
2007.04.07 17 J2・鳥栖戦でJリーグ初出場
2007.05.23 17 J2・水戸戦でJリーグ初得点
2007 17 U-20W杯の日本代表に飛び級で選出される。
2008 18 平成生まれとしては初めて日本A代表に選出される。
2008.05.24 19 キリン杯・コートジボワール戦でA代表初出場
2008.10.09 19 キリンチャレンジ杯・UAE戦でA代表初ゴール
2010.05.17 21 南アフリカW杯メンバーには選出されなかったものの、サポートメンバーとしてA代表に帯同
2010.07.01 21 ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントに完全移籍
2010.08.22 21 レーバークーゼンとの開幕戦に先発フル出場し、ブンデスリーガデビュー
2010.09.11 21 ウォルフスブルク戦でブンデスリーガ初得点をマーク
2010.12.21 21 リーグ8得点という活躍が認められ、ブンデスリーガの前半戦MVPに輝く。欧州移籍初年度の受賞は日本人選手として初
2011.01.25 21 アジア杯準決勝・韓国戦で右足の小指の付け根を骨折
2011.04.30 22 ドルトムントが9季ぶりの優勝。後半戦の出場はなかったが、欧州移籍1年目ながら18試合8得点と優勝に大きく貢献した。
2011.05.14 22 フランクフルトとの最終戦で途中出場し、約4カ月ぶりの復帰を果たす。
2011.05.17 22 東日本大震災復興支援を目的としたドルトムントとの慈善試合に、日本人選抜として参加。主将としてチームを牽引した。
2011.08.08 22 トップ下でプレーしたハンブルガーSVとの開幕戦で、専門誌キッカーによってベストイレブンに選ばれるなどの高評価を受けた。
2011.08.10 22 国際親善試合の韓国戦で、約6カ月ぶりのA代表出場。2得点の活躍で、勝利に貢献した。
2011.09.13 22 アーセナル戦で欧州CL初出場
2011.11.07 22 第13節のウォルフスブルク戦で1得点、2アシストと活躍したことが評価され、専門誌キッカーから試合のMVPと同節のベストイレブンに選出された。
2011.11.23 22 アーセナル戦の試合終了間際に欧州CL初ゴールを決めた。
2012.01.23 22 第18節のハンブルガーSV戦で先制点をアシストするなど5-1の勝利に貢献し、専門誌キッカーと大衆紙ビルトの両方からベストイレブンに選出された。
2012.02.07 22 第20節のニュルンベルク戦にフル出場して2-0の勝利に貢献し、大衆紙ビルトからベストイレブンに選出された。
2012.02.13 22 第21節のレーバークーゼン戦でシーズン7点目となる決勝点を挙げて1-0の勝利に導き、専門誌キッカーと大衆紙ビルトの両方からベストイレブンに選出された。キッカー誌からは試合のMVPにも選ばれた。
2012.03.05 22 第24節のマインツ戦で先制点に絡み、決勝点を決めたことが評価され、専門誌キッカーから試合のMVPに選出された。同節のベストイレブンには、キッカーと大衆紙ビルトの両方から選ばれた。
2012.03.30 23 シュツットガルト戦で12点目となる先制ゴールを挙げ、欧州主要リーグの日本選手最多得点記録を更新
2012.05.05 23 フライブルク戦で4点目をアシストするなど活躍し、2011-12シーズンを13得点9アシストで締めくくった。
2012.05.07 23 独紙ビルトで2011-12シーズンのベストイレブンに選ばれる。
2012.05.21 23 専門誌キッカーで、ドイツ1部リーグの選手が選ぶ2011-12シーズンのMVPフィールドプレーヤー部門2位に選出される。
2012.06.05 23 イングランド・プレミアリーグの名門、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決定
2012.06.22 23 マンチェスター・ユナイテッドと4年契約を結ぶことで合意
2012.07.18 23 南アフリカの地元クラブ・アマズルとの親善試合で後半44分から途中出場し、移籍後初の実戦デビューを果たす。
2012.07.21 23 南アフリカの地元クラブのアヤックス・ケープタウンとの親善試合に移籍後初先発。トップ下で後半32分までプレーし、ヘディングで惜しいシュートを放つなど存在感を見せた。
2012.08.20 23 エバートンとの開幕戦にトップ下で先発フル出場し、プレミアリーグデビュー。スルーパスやワンタッチのパスで好機を演出するなどの活躍をみせた。
2012.08.25 23 フラムとのホーム開幕戦にトップ下で先発、前半35分に右CKのこぼれ球を蹴り込み、プレミアリーグ初ゴールを決めた。
2012.09.04 23 ファン投票で59パーセントの支持を集め、8月のチーム月間MVPに選出
2012.09.23 23 リバプール戦にトップ下で先発し、後半6分に移籍後初アシストをマークした。
2012.11.29 23 ビッグクラブ移籍を果たすなど欧州で示した存在感が高く評価され、アジア以外でプレーする最優秀アジア選手に選出された。
2013.01.30 23 吉田麻也が所属するサウサンプトン戦に攻撃的MFで先発し、同点ゴールをアシスト。日本選手同士がプレミアリーグで初対決した。
2013.03.02 23 ノリッジ戦にフル出場し、アジア出身選手としてプレミアリーグ初となるハットトリックを達成
2013.04.22 24 アストンビラ戦にトップ下でフル出場。3点目の起点となるなど活躍し、3-0で快勝したマンチェスター・ユナイテッドはリーグ最多記録を更新する20度目の優勝を決めた。
2013.05.24 24 ファン投票で51パーセントの支持を集め、5月のチーム月間MVPに、2012年8月以来2度目の選出
2013.07.23 24 横浜Mとの国際親善試合で後半17分からトップ下で出場。鋭い飛び出しから左足シュートを放つなど存在感を示し、マン・オブ・ザ・マッチ(MVP)に輝いた。
2013.07.26 24 古巣・C大阪との国際親善試合で先発し、後半9分に同点ゴールを決めた。
2014.05.11 25 サウサンプトンとの最終戦に左MFで先発したものの前半で退き、2013-14シーズンは無得点に終わった。
2014.05.12 25 ブラジルW杯の日本代表メンバーに選出される。
2014.06.24 25 ブラジルW杯1次リーグでは全3試合に出場したものの、得点を挙げることはできなかった。
2014.08.31 25 ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントに3季ぶり復帰。2018年6月までの4年契約
2014.09.13 25 ドルトムント復帰後初戦となるフライブルク戦にトップ下で先発出場。前半41分に初ゴールを決め、先制点にも絡む活躍を見せた。
2014.09.15 25 ドルトムント復帰戦の活躍が認められ、専門誌キッカーと大衆紙ビルトの両方から第3節のベストイレブンに選出された。
2015.04.27 26 第30節のEフランクフルト戦でシーズン4点目を決めるなど勝利に貢献し、専門誌キッカーと大衆紙ビルトからともにベストイレブンに選出された。キッカーからは試合のMVPにも選ばれた。
2015.05.23 26 ブレーメンとの最終戦に先発して前半15分に先制ゴールを奪い、2アシストもマークしたものの、2014-15シーズンはリーグ戦28試合に出場して5得点にとどまった。
2015.05.26 26 ブレーメンとの最終戦で1得点2アシストしたことが評価され、専門誌キッカーからシーズン3度目のベストイレブンに選出された。
2015.07.07 26 等々力陸上競技場で行われた川崎との親善試合で先発し、前半5分に先制ゴールを挙げ、36分にも2点目を決めた。
2015.08.24 26 第2節のインゴルシュタット戦で、チーム3点目となるゴールを決めて勝利に貢献し、専門誌キッカーからベストイレブンに選出された。
2015.08.31 26 第3節のヘルタ戦で3点に絡んだ活躍が認められ、大衆紙ビルトからベストイレブンに選出された。
2015.09.22 26 第5節のレーバークーゼン戦で、1得点1アシストをマークして快勝に貢献し、専門誌キッカーと大衆紙ビルトからともにベストイレブンに選出された。キッカーからは試合のMVPにも選ばれた。
2015.10.26 26 第10節のアウクスブルク戦で、2点を演出して大勝に貢献し、専門誌キッカーと大衆紙ビルトからともにベストイレブンに選出された。
2015.11.09 26 第12節のシャルケ戦で先制ゴールを挙げたことが評価され、大衆紙ビルトからベストイレブンに選出された。
2016.04.02 27 ブレーメン戦に後半29分から出場。同点ゴールを決めて3-2の勝利に貢献し、ブンデスリーガ通算100試合出場も達成した。
2016.04.11 27 第29節のシャルケ戦で鮮やかなループシュートを決め、大衆紙ビルトからベストイレブンに選出された。
2016.04.25 27 第31節シュツットガルト戦にフル出場して先制点を決めるなど勝利に貢献し、大衆紙ビルトからベストイレブンに選出された。
2016.05.02 27 第32節のウォルフスブルク戦にフル出場して2試合連続の先制点を挙げるなど、1得点1アシストで5-1の勝利に貢献し、専門誌キッカーと大衆紙ビルトからともにベストイレブンに選出された。