本田圭佑(パチューカ)

プロフィール

ふりがな ほんだ・けいすけ
所属 パチューカ(MEX)
ポジション MF(ミッドフィールダー)
出身地 大阪府
生年月日 1986年6月13日生
身長 182cm
体重 74kg
血液型 AB型
利き足
経歴 星稜高校−
名古屋グランパスエイト−
VVVフェンロ−
CSKAモスクワ−
ACミラン−
パチューカ
チーム遍歴
2005-2007 名古屋グランパスエイト(JPN)
2008-2009.12 VVVフェンロ(NED)
2010-2013 CSKAモスクワ(RUS)
2014.01-2017.05 ACミラン(ITA)
2017.07- パチューカ(MEX)
主なタイトル(海外)
オランダ・エールステディヴィジ(2部)最優秀選手賞 2009
成績(クラブ) ※リーグ戦
シーズン 所属クラブ 背番号 試合 得点 アシスト
2005 名古屋グランパスエイト 24 31 2 4
2006 名古屋グランパスエイト 24 29 6 4
2007 名古屋グランパスエイト 24 30 3 8
2007-2008 VVVフェンロ(NED) 29 14 2 0
2008-2009 VVVフェンロ(NED、2部) 10 36 16 13
2009-2009.12 VVVフェンロ(NED) 10 18 6 7
2010-11 CSKAモスクワ(RUS) 7 28 4 4
2011-12 CSKAモスクワ(RUS) 7 18 7 3
2012-13 CSKAモスクワ(RUS) 7 23 7 5
2013-14 CSKAモスクワ(RUS) 7 18 1 2
2013-14 ACミラン(ITA) 10 14 1 2
2014-15 ACミラン(ITA) 10 29 6 4
2015-16 ACミラン(ITA) 10 30 1 3
2016-17 ACミラン(ITA) 10 8 1 0
成績(代表)
シーズン 年代  試合 得点
2006 五輪代表 5 2
2007 五輪代表 11 3
2008 五輪代表 11 0
A代表 1 0
2009 A代表 10 3
2010 A代表 12 3
2011 A代表 8 2
2012 A代表 9 4
2013 A代表 12 8
2014 A代表 13 4
2015 A代表 14 10
2016 A代表 7 2
軌跡
年月日 詳細
1986.06.13 0 大阪府摂津市に生まれる。
1994 8 サッカーを始め、摂津FCに入団
1999.04 12 ガンバ大阪ジュニアユースに入団
2002.04 15 星稜高校に入学
2004.03.23 17 名古屋グランパスエイト(当時)の特別指定選手として在籍
2004.07.24 18 ナビスコ杯・磐田戦で途中出場し、公式戦デビュー
2005.01.05 18 全国高校選手権で、星稜高として石川県勢初の4強入り
2005.04 18 名古屋グランパスエイトに入団
2005.03.05 18 千葉との開幕戦で先発出場し、リーグ戦デビュー
2005.04.28 18 東京V戦でリーグ戦初得点
2006.11.11 20 アジア杯予選・サウジアラビア戦の日本A代表メンバーに飛び級で初招集
2007.11.21 21 五輪アジア最終予選で主力として活躍し、北京五輪出場を決める。
2008.01.16 21 オランダ1部リーグ(エールディヴィジ)のVVVフェンロと正式契約。契約期間は2年半、年俸は41万ユーロ(約6400万円)
2008.01.20 21 PSV戦の後半開始から出場し、オランダリーグデビュー
2008.03.15 21 フェイエノールト戦でオランダリーグ初ゴール
2008.08 22 北京五輪代表に選出される。
2008-09 22 2部に降格したチームの中で主力として活躍。リーグ戦36試合に出場し、16得点13アシストの成績を収め、2部リーグMVPに選出される。
2009.12.31 23 ロシア1部リーグのCSKAモスクワへ移籍
2010.03.12 23 アムカル・ペルミとの開幕戦でフル出場し、後半ロスタイムに決勝ゴールを決めた。
2010.03.16 23 欧州CL決勝トーナメント1回戦、セビリアとの第2戦で直接FKを決め、チームをベスト8に導いた。
2010.05.10 23 南アフリカW杯の日本代表メンバーに選出される。
2010.06.14 24 南アフリカW杯1次リーグ初戦のカメルーン戦で決勝ゴールを挙げ、マン・オブ・ザ・マッチに選出
2010.06.24 24 南アフリカW杯1次リーグ第3戦のデンマーク戦で直接FKを決め、決勝トーナメント進出に大きく貢献
2011.01 24 アジア杯で5試合にフル出場。準決勝の韓国戦でマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなど、日本のアジア制覇に大きく貢献し、MVPに選出された。
2011.05.22 24 ロシア杯で優勝し、移籍後初のタイトル獲得。決勝点のアシストも記録した。
2011.08.28 25 スパルタク・モスクワ戦で右膝半月板を損傷
2011.09.05 25 右膝半月板損傷の手術を受け成功
2011.11.19 25 プレーオフ初戦のルビン戦で82日ぶりに復帰。右MFでフル出場を果たす。
2012.06.03 25 W杯アジア最終予選のオマーン戦に先発出場、前半11分に先制ゴールを決めるなど、司令塔として決定機を演出しマン・オブ・ザ・マッチに選出
2012.06.08 25 W杯アジア最終予選のヨルダン戦で、A代表では初のハットトリックを達成
2012.10.07 26 スパルタク・モスクワ戦で決めたゴールが、チームのリーグ戦通算1000得点目となった。
2013.03.26 26 左足首の検査と療養のため、4月17日まで日本に滞在
2013.04.21 26 スパルタク・モスクワ戦に後半開始から左MFで出場。リーグ戦で2012年12月9日以来の復帰を果たし、後半30分過ぎには力強いドリブルからシュートを放った。
2013.05.27 26 2012-13シーズンのベストイレブンにトップ下で選出
2013.06.04 26 W杯アジア最終予選の豪州戦に先発出場。0-1の試合終了間際、相手の反則で得たPKを決め、日本を5大会連続のW杯出場に導いた。
2013.12.11 27 CSKAモスクワとの契約満了に伴い、2014年1月3日からイタリア1部リーグ(セリエA)の名門ACミランに移籍することを発表
2014.01.08 27 ACミランの本拠地内の特設会場で入団会見。背番号は10で契約期間は3年半。会場は注目の大きさを物語るように日本、イタリアをはじめ世界中から約200人の報道関係者で埋まった。
2014.01.12 27 サッスオロ戦の後半20分から右の攻撃的MFに入り、セリエAデビュー。前線に何度も飛び出し、終盤にはポスト右を叩く惜しいシュートも放った。試合は敗れたものの、イタリア各紙は軒並みチーム最高点をつけた。
2014.01.15 27 イタリア・カップ5回戦のスペツィア(2部)戦に右の攻撃的MFで公式戦初先発。攻撃の起点となって再三好機に絡むと、後半2分に味方のシュートのこぼれ球を得意の左足で決め、移籍後初ゴールをマークした。
2014.01.19 27 ベローナ戦でリーグ戦初先発。トップ下で、バロテリやカカ、ロビーニョらと連係し、好機に絡んだが、無得点で後半18分に退いた。
2014.01.26 27 カリャリ戦に右の攻撃的MFで先発して公式戦初のフル出場。同点の後半終了間際に右CKで決勝点に結び付ける初アシストをマークした。
2014.02.26 27 キリンビールの「麒麟淡麗〈生〉」CMで田中将大(ヤンキース)と共演することを発表
2014.04.07 27 ジェノア戦に右の攻撃的MFでフル出場。1-0の後半11分、自陣からのカウンター攻撃で縦パスに抜け出し、相手GKとの1対1を制して、リーグ戦12試合目でセリエA初ゴールを挙げた。
2014.04.17 27 KONAMIサッカーゲームのアンバサダーに就任
2014.04.30 27 家電ブランド、ブラウンのアンバサダーに就任
2014.05.12 27 ブラジルW杯の日本代表メンバーに選出される。
2014.06.24 28 ブラジルW杯1次リーグでは全3試合にフル出場。コートジボワールとの第1戦では、前半16分に先制ゴールを決めた。
2014.08.23 28 サッスオロの3チームによる親善試合に出場し、2戦2勝で優勝。自身は1得点1アシストと活躍し、最優秀選手に選ばれた。
2014.08.31 28 ラツィオとの開幕戦に右FWで先発。前半7分に先制ゴールを挙げ、3-1の勝利に貢献した。
2014.10.19 28 ベローナ戦に右FWで先発して、前半27分に2戦連続となるゴールを決めると、後半11分にも移籍後リーグ戦初の1試合2ゴールとなる追加点を挙げた。
2014.11.23 28 長友所属のインテル・ミラノ戦に後半28分から右FWで出場し、伝統の一戦ミラノ・ダービーで初の日本選手対決が実現した。
2015.01.08 28 出版・教育大手のベネッセコーポレーションとスポンサー契約
2015.05.30 28 アタランタとの最終戦にフル出場し、右FWで攻守に奮闘したがゴールは奪えず、2014-15シーズンはリーグ戦29試合に出場して序盤7試合で挙げた6得点にとどまった。
2015.06.09 28 自身のマネジメント会社がオーストリア3部リーグ、SVホルンの経営に参画することを発表
2015.09.08 29 大手寝具メーカーとサポート契約
2016.01.31 29 インテル・ミラノとのミラノ・ダービーで先発して、前半35分に先制点をアシストし、3-0の勝利に貢献した。
2016.02.14 29 ジェノア戦に右MFでフル出場し、1-0の後半19分に2014年10月以来となるゴールを決めるなど、チームを2-1の勝利に導いた。
2016.06.22 30 世界中の子供たちに質の高い教育が普及するよう手助けする役割を国連傘下の「国連財団」から任命された。肩書は「Global Advocate for Youth」で、任期は3年
2016.07.04 30 自民党本部で安倍晋三首相と対談し、サッカー教室を通じ、世界の貧しい子どもを支援する活動への協力を求めた。
2016.07.05 30 世界的な活躍をみせた著名人に贈られる「デジタルガレージ ファーストペンギンアワード」の第1回受賞者として表彰された。
2016.12.26 30 カンボジアの首都プノンペンでフン・セン首相と会談し、同国の社会発展に協力したいと応じた。
2017.05.21 30 ボローニャ戦で0-0の後半12分から途中出場。1点リードの同28分に左足FKで追加点を奪ってシーズン初得点を記録したものの、自身の公式ツイッターで退団を表明した。
2017.05.28 30 最終節のカリャリ戦でキャプテンマークを巻いてフル出場し、味方のサイドバックと連係して好機をつくり、好パスを披露したものの、1-2で敗れた。
2017.06.20 31 財務省を訪れ、麻生太郎財務相と対談した。
2017.07.14 31 メキシコの強豪パチューカに1年契約で移籍
2017.08.10 31 全日空とスポンサー契約
2017.08.22 31 開幕から6戦目となるベラクルス戦で3-0の後半13分から途中出場し、メキシコ1部リーグデビュー。同27分には左足で初ゴールも決めた。