長谷部誠(Eフランクフルト)

プロフィール

ふりがな はせべ・まこと
所属 Eフランクフルト(GER)
ポジション MF(ミッドフィールダー)
出身地 静岡県
生年月日 1984年1月18日生
身長 180cm
体重 72kg
血液型 O型
利き足
経歴 藤枝東高校−
浦和レッズ−
ウォルフスブルク−
ニュルンベルク−
Eフランクフルト
チーム遍歴
2002-2007 浦和レッズ(JPN)
2007-2013.09 ウォルフスブルク(GER)
2013.09-2014.06 ニュルンベルク(GER)
2014.06- Eフランクフルト(GER)
主なタイトル(日本)
Jリーグベストイレブン 2004
成績(クラブ) ※リーグ戦
シーズン 所属クラブ 背番号 試合 得点 アシスト
2002 浦和レッズ 32 0 0 0
2003 浦和レッズ 17 28 2 5
2004 浦和レッズ 17 27 5 4
2005 浦和レッズ 17 31 2 3
2006 浦和レッズ 17 32 2 4
2007 浦和レッズ 17 31 1 4
2007-08 ウォルフスブルク(GER) 13 16 1 1
2008-09 ウォルフスブルク(GER) 13 25 0 3
2009-10 ウォルフスブルク(GER) 13 24 1 6
2010-11 ウォルフスブルク(GER) 13 23 0 0
2011-12 ウォルフスブルク(GER) 13 23 1 2
2012-13 ウォルフスブルク(GER) 13 23 2 1
2013-14 ウォルフスブルク(GER) 13 1 0 0
2013-14 ニュルンベルク(GER) 15 14 0 1
2014-15 Eフランクフルト(GER) 20 33 0 2
2015-16 Eフランクフルト(GER) 20 32 1 2
2016-17 Eフランクフルト(GER) 20 22 1 1
成績(代表)
シーズン 年代  試合 得点
2006 A代表 6 0
2007 A代表 0 0
2008 A代表 10 0
2009 A代表 11 1
2010 A代表 10 0
2011 A代表 15 1
2012 A代表 11 0
2013 A代表 14 0
2014 A代表 6 0
2015 A代表 12 0
2016 A代表 9 0
軌跡
年月日 詳細
1984.01.18 0 静岡県藤枝市に生まれる。
1999.04 15 藤枝東高校に入学
2002.04 18 浦和レッズに入団
2002.05.22 18 ナビスコ杯・名古屋戦で公式戦デビュー
2003.03.22 19 開幕の鹿島戦でリーグ戦デビューを果たし、フル出場
2003.09.06 19 G大阪戦でリーグ戦初得点
2004.11.02 20 ナビスコ杯予選リーグから決勝トーナメントにかけて、攻守にわたって活躍。チームの決勝進出に貢献したことが評価され、ニューヒーロー賞を受賞
2004.12.13 20 リーグ戦27試合出場で5得点を挙げ、Jリーグベストイレブンに初選出
2005.12.20 21 リーグ戦31試合に出場し、Jリーグ優秀選手賞を受賞
2006.02.10 22 国際親善試合・米国戦でA代表デビュー
2006.12.18 22 リーグ戦32試合に出場し、Jリーグ優秀選手賞を受賞
2007.11.14 23 浦和レッズがACL制覇。優勝に大きく貢献
2007.12.17 23 リーグ戦31試合に出場し、Jリーグ優秀選手賞を受賞
2008.01.19 24 ドイツ・ブンデスリーガのウォルフスブルクに移籍決定
2008.02.02 24 冬季中断明け初戦のビーレフェルト戦の後半開始から出場し、ブンデスリーガデビュー
2008.04.27 24 レーバークーゼン戦でブンデスリーガ初得点を記録
2008.05.24 24 岡田体制下の日本代表に初選出され、キリン杯のコートジボワール戦に先発出場。アシストをマークし、勝利に貢献
2009.05 25 移籍2年目のシーズンでは、ボランチに加えサイドハーフやサイドバックでもプレー。チームを献身的に支え、クラブのリーグ初優勝に貢献した。
2009.11.18 25 アジア杯最終予選の香港戦でA代表初得点を記録
2010.05.10 26 南アフリカW杯の日本代表メンバーに選出される。
2010.06 26 南アフリカW杯では主将として全4試合に先発出場し、日本の決勝トーナメント進出に貢献
2011.01 27 アジア杯で全6試合にフル出場し、日本のアジア制覇に大きく貢献した。
2011.03.17 27 自己啓発書『心を整える。』を出版
2011.05.14 27 ホッフェインハイムとのリーグ最終戦にフル出場。献身的な守備で勝利に貢献し、チームは1部残留を決めた。
2011.06.13 27 自著『心を整える。』の印税5000万円を東日本大震災の義援金として寄付
2011.09.18 27 ホッフェンハイム戦で、交代枠を全て使った後にGKが退場となり急きょGKを務めた。
2012.10.27 28 開幕から8試合連続でベンチ外が続いたものの、監督交代直後のデュッセルドルフ戦で先発復帰しフル出場、3点目をアシストした。
2013.05.06 29 第32節のハンブルガーSV戦にフル出場して同点ゴールを決め、専門誌キッカーからベストイレブンに選出された。
2013.09.02 29 ドイツ・ブンデスリーガのニュルンベルクに3年契約で移籍
2013.09.15 29 ブラウンシュバイク戦に移籍後初出場。守備的MFでフル出場した。
2014.01.15 29 1月14日の練習試合で右膝外側の半月板を痛め、チームを4〜6週間離脱すると発表
2014.01.17 29 損傷した右膝半月板を手術
2014.02.28 30 2月下旬に膝に違和感が出たため、右膝半月板を再手術
2014.05.10 30 リーグ戦最終節のシャルケ戦で2013年12月以来の復帰を果たし、フル出場したものの、チームは1-4で敗れて2部降格が決まった。
2014.05.12 30 ブラジルW杯の日本代表メンバーに選出される。
2014.06.02 30 ドイツ・ブンデスリーガのEフランクフルトに2016年6月末までの2年契約で移籍
2014.06.24 30 ブラジルW杯1次リーグでは全3試合に先発出場したものの、2敗1分けの日本は1次リーグを突破することができなかった。
2014.08.23 30 フライブルクとの開幕戦に移籍後リーグ初出場。フル出場して守備的MFとして広範囲をカバーし1-0の勝利に貢献した。
2015.01.20 31 アジア杯1次リーグ・ヨルダン戦にフル出場して、主将としての先発出場が56試合に達し、宮本恒靖を抜いて最多となった。
2015.02.05 31 第19節のウォルフスブルク戦にフル出場し、専門誌キッカーからベストイレブンに選出された。
2016.01.30 32 アウクスブルク戦にフル出場し、ブンデスリーガ通算200試合出場を達成
2016.05.02 32 第32節のダルムシュタット戦にフル出場して、約3年ぶりのゴールを挙げて勝利に貢献し、専門誌キッカーからベストイレブンに選出された。
2016.06.14 32 Eフランクフルトと2017年6月末までの1年間、契約を延長。18年夏まで延長できるオプション付き
2016.07.09 32 自身の公式ホームページでファッションモデルの佐藤ありささんと結婚したことを発表し、婚姻届を提出した。
2016.09.01 32 W杯アジア最終予選のUAE戦にフル出場し、史上6人目となる国際Aマッチ100試合出場を達成した。
2016.10.31 32 第9節のボルシアMG戦に3バックの中央でフル出場して無失点に貢献し、大衆紙ビルトからベストイレブンに選出された。
2016.12.20 32 Eフランクフルトと2018年6月末まで契約を延長
2017.01.30 33 第18節のシャルケ戦でフル出場して前半33分に決勝点をアシストし、専門誌キッカーからベストイレブンに選出された。
2017.02.06 33 第19節のダルムシュタット戦でPKを決めて勝利に貢献し、専門誌キッカーから2節連続でベストイレブンに選出された。
2017.03.05 33 第23節のフライブルク戦に主将としてフル出場。同リーグ通算235試合出場として、ブレーメンなどで活躍した奥寺康彦の234を上回り、日本選手最多記録を達成した。
2017.03.23 33 第24節のBミュンヘン戦でポストに激突して負傷したため右膝の内視鏡手術を受け、2016-17シーズン中の復帰は絶望となった。
2017.07.21 33 自身の写真共有アプリ「インスタグラム」で第1子が誕生したと発表した。
2017.08.20 33 フライブルクとの開幕戦でリーグ戦復帰を果たし、3バックの中央でフル出場した。
2017.09.21 33 第5節のケルン戦にフル出場して無失点勝利に貢献し、大衆紙ビルトからベストイレブンに選出された。