倉田と小林投入し中盤の形に変化、後半の試合運びはよかった

小島伸幸の好セーブ
サッカー日本代表・小島氏の出場選手採点

 キリン・チャレンジ杯(6日、日本2-1ニュージーランド、豊田ス)W杯本大会へ向け選手個々のアピールが重要な日本と、大陸間プレーオフを控えたニュージーランド。モチベーションの差があったとはいえ、2-1のスコアで終わっていい相手ではなかった。前半のチャンスで決めていればもっと楽な試合だったと思う。

 そんな中、勝ち越して勝利できたことは評価できる。特に、決勝点を挙げたMF倉田とMF小林を後半から入れて中盤の形を変えてからの試合運びはよかった。小林は広範囲に顔を出してボールを受けることができるおもしろい選手。そこからいい流れが作れていた。

 FW陣では、武藤がいいアピールができていたと思う。W杯予選では出番に恵まれなかったけど、計算が立つ選手だとハリルホジッチ監督も認識したはず。きょうは左サイドでの出場だったが、センターFWでの起用も試してみてもいいのではないか。

 DF車屋ら新戦力も呼ばれたが、ふたを開けてみたらいつものメンバーだったのは少しがっかりだ。10日のハイチ戦では新しい選手をもっと試してほしい。(サンケイスポーツ専属評論家)

Read more