ベガルタ・西村、第1戦に続きFWお任せ!「すごく楽しみ」/ルヴァン杯

 

 J1ベガルタ仙台は8日、川崎とのルヴァン杯準決勝第2戦に臨む。チームは6日、仙台市の紫山サッカー場で約1時間練習、ニューヒーロー賞候補のFW西村拓真(20)が意気込みを語った。

 西村が前線の救世主となる。準決勝で1得点のFW石原直樹(33)が累積警告で出場停止。2得点のFWクリスラン(25)も右内転筋痛で出場は未確定だ。

 高まる期待に西村は「久々というか、プロに入って初めての緊張感がある。すごく楽しみ」とキッパリ。左シャドー(下がり目のFW)で先発した4日の第1戦に続き、第2戦もFWで先発が濃厚だ。

 今季は公式戦4得点。FWとしての得点能力以外も成長しており、「(攻撃の)幅が広がってきている」と自賛する。第1戦では絶妙なスルーパスで石原の先制弾をアシストしたが、「味方も使えて自分でもいける。(ゴール前で)余裕を感じる」と、その石原の動きを参考にしている。

 現在20歳で、ニューヒーロー賞の候補にも挙がるが「それより心の底からチームのタイトルがほしい」と、今は川崎戦しか見ていない。

 「死ぬ気でいければ、絶対いい結果がついてくる。得点に関わりたい」。期待の若鷲が、爆発する。

Read more