日大・内田監督「社会人との差そこまで感じなかった」/アメフット - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

日大・内田監督「社会人との差そこまで感じなかった」/アメフット

更新

3Q、ランプレーで前進を試みる日大・林大希(10)=3日、東京ドーム(撮影・鈴木健児)  アメリカンフットボールの日本選手権、ライスボウルは3日、東京ドームで行われ、社会人代表の富士通が学生王者の日大に37-9で快勝し、2年連続3度目の優勝を果たした。過去4戦4勝の日大は27年ぶりの栄冠を逃した。

<< 下に続く >>

 社会人チームは9年連続の勝利。最優秀選手賞には富士通のQBキャメロンが2年連続で選ばれた。

 富士通は日大の積極的な守備に苦戦する場面もあったが、キャメロンが3TDパスを通すなど安定感のある試合運びを見せて圧倒した。

富士通・藤田ヘッドコーチの話「何よりもほっとした。選手たちは最後まで集中を切らさずにやってくれた」

日大・内田監督の話「過去の日大にはない努力をしたチームだった。本当によくやった。社会人との差はそこまでは感じなかった。点差では判断しない」

今、あなたにオススメ

ランキング

PR