日馬富士、引退危機…貴ノ岩をビール瓶殴打に加え素手で暴行30発 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

日馬富士、引退危機…貴ノ岩をビール瓶殴打に加え素手で暴行30発

更新

貴乃花部屋に謝罪に訪れた日馬富士。険しい表情を崩さなかった。右には、「暴力追放」と書かれたのぼりが掲げられていた (撮影・仲道裕司)  大相撲の横綱日馬富士(33)=伊勢ケ浜部屋=が10月の宴席で、東前頭8枚目の貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=に暴行を加えて大けがを負わせていたことが14日、分かった。貴ノ岩の師匠、貴乃花親方(元横綱、45)が鳥取県警に被害届を提出しており、日馬富士が引退に追い込まれる可能性がある。また、関係者の話から、横綱白鵬(32)らモンゴル勢が同席した宴席で日馬富士が“大暴れ”していた様子が浮かび上がってきた。

<< 下に続く >>

 順風に帆を上げる土俵に、激震が走る。現役横綱による、極めて異例の暴力事件が表面化した。9月の秋場所で9度目の優勝を果たした日馬富士が10月の秋巡業中、母国モンゴル人力士らが集まった宴席で貴ノ岩に暴行を加え、大けがをさせていた。

 トラブルは10月26日に巡業が行われた鳥取県内での酒席で発生。白鵬、鶴竜の両横綱や関脇照ノ富士らモンゴル勢に、日本人力士や関係者も含め10人前後がいた。同席者や関係者の話を総合すると、貴ノ岩が先輩力士を前に「もうあなたたちの時代ではない。これからは自分たちが…」と発言したことが端緒となり、日馬富士が激高した。

 その時、貴ノ岩のスマートフォンが鳴り、操作しようとした瞬間、日馬富士がテーブルにあるビール瓶で貴ノ岩の頭部を思い切り殴った。さらに「人が話をしているときに…」などと言いながら、流血して倒れた相手にのし掛かるようにしながら素手で殴打を繰り返した。

 同席者は「周りが気付かないほどの速さで『ゴーン!』という大きな音が聞こえた。20~30発は手で殴っていた。貴ノ岩は両手で防ぎながら殴られ続けていた」と証言。日馬富士の同部屋の後輩、照ノ富士も数発食らったという。

 日馬富士は暴行を止めに入った白鵬をも突き飛ばし、鶴竜には「おまえがしっかり指導しないからだ」と怒鳴った。同席者は「横綱の怒りはすさまじく、本当に怖かった。誰も止められなかった」と打ち明けた。

 相撲界関係者の間では、日馬富士の酒癖の悪さは何年も前から知られていた。ある40代の親方は「あの横綱は酔うと手が付けられなくなると聞いていた。でもまさかこんなことになるとは…」と驚いていた。

 貴ノ岩は11月に入って一時入院し、「右中頭蓋底骨折」などと診断。九州場所は初日から休場していた。師匠の貴乃花親方は10月末に鳥取県警へ被害届を提出し、取り下げる意思はないとの強硬姿勢を示している。既に県警は捜査を開始しており、刑事事件に発展すれば日馬富士は引退に追い込まれ、最悪協会から解雇される可能性がある。

 7年前には元横綱朝青龍が一般人に暴行し、自ら引退を表明した“前例”もあり、横綱審議委員会の北村正任委員長は「大相撲全体に対する評価にも大きく影響する。協会の厳しい処置を求めることになるだろう」と厳罰を求めるコメントを発表。日本相撲協会の危機管理委員会が宴席の参加者も含めて事情を聴く方針だ。

 九州場所としては平成8年以来の15日間大入りが決定的で、今年の相撲界は21年ぶりに年6場所90日間全てで満員御礼が見込まれる。その盛況のなか、品格が求められる横綱が起こした不祥事。酒に酔って大暴れした代償は大きい。

★貴ノ岩の負傷

 貴ノ岩は「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間程度と考えられる」と診断。10月26日に負傷し、11月5日から9日まで福岡市内の病院に入院していた。初日から休場しているが、日本相撲協会は13日に診断書を公表した。再出場は厳しく、来年1月の初場所では十両に転落する見通し。

★弁護士「逮捕まではないと思う」

 犯罪、刑法全般に詳しい、弁護士法人・響の徳原聖雨弁護士(32)は「被害届が出ているのであれば警察は日馬富士を事情聴取するでしょうが、身元がしっかりしているので拘束する必要はなく、逮捕まではないかなと思う」と推測。今後は示談できるかがポイントで、「示談できれば不起訴の可能性が出てきますが、できずに起訴されて裁判になった場合は懲役1年、執行猶予2~3年ほどになるのでは」と分析した。示談金については「一般的には50万円程度だが、横綱ということで一般的な相場より上がる。300万円になってもおかしくない」とした。

日馬富士 公平(はるまふじ・こうへい)

 本名・ダワーニャム・ビャンバドルジ。昭和59(1984)年4月14日生まれ、33歳。モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ケ浜部屋。平成13年初場所で初土俵。21年初場所で大関に昇進し、安馬から改名。24年九州場所で横綱に昇進。幕内優勝9度、殊勲賞4度、敢闘賞1度、技能賞5度、金星1個。幕内通算712勝373敗73休(78場所)。得意は右四つ、寄り。1メートル86、137キロ。

今、あなたにオススメ

ランキング

PR