村上、『0・1』届かず涙の4位「まだ練習が足りないのかな」/体操 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

村上、『0・1』届かず涙の4位「まだ練習が足りないのかな」/体操

更新

女子個人総合で4位となった村上は、試合後のインタビューで涙を流した (共同)  体操・世界選手権第5日(6日、カナダ・モントリオール)女子個人総合決勝が行われ、予選首位の村上茉愛(まい、21)=日体大=は4種目合計54・699点で4位に終わり、同種目の日本勢で2009年ロンドン大会銅メダルの鶴見虹子以来の表彰台を逃した。杉原愛子(18)=朝日生命=は53・965点で6位。予選6位で通過した16歳のモーガン・ハード(米国)が55・232点で初優勝した。

<< 下に続く >>

 日本のエース村上は4種目合計で表彰台に0・100点届かず、涙を流した。「(予選1位で迎え)体操人生で一番緊張した。まだ練習が足りないのかなと思った」。3種目目の平均台で落下したが、得意の床運動でH難度の大技の着地後にジャンプも続けて加点を狙い、跳躍系では着地をほぼ止めた。予選の得点を上回る全体1位の14・233点をマーク。意地をみせた。

今、あなたにオススメ

ランキング

PR