W杯で株上げたクロアチア代表FWフランクフルトに残留 22年までの新契約を締結 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

W杯で株上げたクロアチア代表FWフランクフルトに残留 22年までの新契約を締結

更新

W杯で株上げたクロアチア代表FWフランクフルトに残留 22年までの新契約を締結  元日本代表MF長谷部誠らが所属するフランクフルトは10日、クロアチア代表FWアンテ・レビッチとの契約を2022年まで延長したことを発表した。

<< 下に続く >>

 レビッチは今後もフランクフルトでプレーすることが決定。クラブと2021年までの契約を残していたアタッカーは、1年延長の2022年までの契約にサインすることで合意。トットナムやマンチェスターU、最近ではセビリアからの興味が報じられていた同選手は残留を決心した。

 今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)でファイナルまで勝ち上がったクロアチアだが、レビッチはグループステージ最終節のアイスランド戦を除く全6試合に先発出場。アルゼンチン戦でゴールを決めるなどで他クラブからの関心を引きつけ、各国のメディアでは今年のW杯で最も株を上げた選手の1人として注目を浴びていた。

 だが、2016年にレンタルでフィオレンティナから加わり、今夏に保有権が渡ったフランクフルトに留まることに。FWマリウス・ヴォルフ(→ドルトムント)やGKルーカス・フラデツキ(→レーバークーゼン)、MFオマール・マスカレル(→シャルケ)、ケヴィン=プリンス・ボアテング(→サッスオーロ)と、主力選手の流出を強いられるクラブに朗報を届けた。(Goal.com)

ランキング

PR