過熱する移籍報道を気にしないプリシッチ「自分の仕事に集中するだけ」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

過熱する移籍報道を気にしないプリシッチ「自分の仕事に集中するだけ」

更新

過熱する移籍報道を気にしないプリシッチ「自分の仕事に集中するだけ」  ドルトムントに所属するアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチが『ESPN』のインタビューに応じている。

<< 下に続く >>

 マンチェスターUのファンである19歳のアメリカ代表MFは、ビッグクラブからの興味に喜びつつも、現実的な姿勢を見せている。

 「僕は子供の頃からユナイテッドのファンだし、彼らが僕を評価してくれるなんて本当に名誉なことだよ。プレミアリーグは世界最高峰のリーグだし、チャンスがあればもちろんプレーしてみたいね」

 プリシッチにはマンチェスターUだけでなく、バルセロナ、バイエルン、リバプールなどのビッグクラブが熱視線を送っている。しかし、19歳のアメリカ代表MFはドルトムントでのプレーに集中している。

 「ビッグクラブからの関心はうれしいけど、今はドルトムントと契約を結んでいる。レギュラー争いも激しいし、周囲の状況を気にしてる場合じゃないよ」

 所属先のドルトムントは、冬のマーケットでチーム得点王だったピエール=エメリク・オーバメヤンをアーセナルへ放出している。自身もバイエルンへの移籍が取り沙汰されたプリシッチだが、本人もチームも、現在は落ち着きを取り戻しているようだ。

 「毎日のように様々なメディアが移籍について報道していたね。僕たちは慌ただしい数カ月を過ごしたけど、それはもう過去のことだ。今は自分の仕事に集中しているよ」

 プリシッチは2015年にドルトムントのユースに加入すると、徐々に頭角を現してトップチームに昇格し、現在は左サイドのレギュラーとしてプレーしている。(Goal.com)

今、あなたにオススメ

ランキング

PR