「ボールがゴールに入りたがらない」レアル、枠内シュート数はここ10季で最低 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

「ボールがゴールに入りたがらない」レアル、枠内シュート数はここ10季で最低

更新

「ボールがゴールに入りたがらない」レアル、枠内シュート数はここ10季で最低  「ボールが枠に入りたがらない」。Rマドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、13日のリーガエスパニョーラ第19節ビリャレアル戦(0-1)にそう語った。スペイン『マルカ』は、その言葉を裏付けるデータを紹介している。

<< 下に続く >>

 第19節終了時点の得点数が、昨季と比べて16得点少ない32得点と、深刻なゴール不足に陥っているRマドリード。しかしながら1試合の平均シュート数は、ここ10シーズンで3番目に多い19本を記録している。

 問題は平均19本のシュートの内、枠内にボールが向かったのが、わずか6本であるということだ(345本中125本)。ボールが枠内に向かった確率は35%となり、総シュート数とは正反対に、ここ10シーズンでは最低の記録となる。今季の1試合あたりの得点率は1.77点と、昨季の2.7点やクラブ史上最高記録となる2011-12シーズンの3.1点には程遠い。

 また今季のRマドリードはFWクリスティアーノ・ロナウドの不調もあり、得点力で引っ張る存在がいない。チーム内最多得点者はC・ロナウド、MFガレス・ベイル、MFイスコ、MFマルコ・アセンシオでそれぞれ4得点。リーガで最多得点者が4点以下のチームは、マラガのみ(FWチョリ・カストロ、FWディエゴ・ロランが3得点ずつ)となっている。

 データ上においては、「ボールが枠に入りたがらない」というジダン監督の言葉に嘘偽りはなさそうだ。(Goal.com)

今、あなたにオススメ

ランキング

PR