【W杯への提言】釜本氏、W杯勝つためには「カウンター」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【W杯への提言】釜本氏、W杯勝つためには「カウンター」

更新

釜本氏はW杯ロシア大会で日本の苦戦を予想  サッカーの元日本代表FWで日本協会顧問の釜本邦茂氏(73)が、来年6月開幕のロシアW杯1次リーグで優勝国が唯一いないH組に決まったハリルジャパンに「現状では勝てない」と断言した。日本にとって個々の能力の高い南米より、欧州の方がやりやすいと指摘した上で「勝つためにはカウンターしかない」と強調した。

<< 下に続く >>

 第1ポット、第2ポットは世界の強豪がそろっていたからね。ブラジルにドイツやフランス、スペインとかW杯で優勝した経験のあるチームと同じ組に入らなかったのは、ラッキーっていえるかもしれないね。

 しかし、どこのチームが勝ってもおかしくないのがW杯だから。日本のFIFAランクは55位とH組で最も低いけど、FIFAランクなんてのはあてにできない。とはいえ、日本よりもはるかに実力が高いチームばっかりだよね。ポーランド(7位)もセネガル(23位)もコロンビア(13位)も強豪国。この相手に勝てるなんて見方をしている人がいる? それは間違ってる。はっきり言って、現状では勝てないと思いますよ。よほどのことをしないとね。

 初戦が一番、大事になるよ。南米はフィジカルと技術があって、個々が強い。日本は2回、決勝トーナメントに行ったことがあるけど、どっちも南米がいないところで1次リーグ突破(注釈)。正直、日本はどっちかっていうと戦いやすいのは欧州なんだよね。コロンビアなんて前回、ブラジルW杯でこてんぱんにやられたよね。FWロドリゲスは強力なシュート持っていて、止めるのは難しい。ポーランドのFWレバンドフスキもそう。すごいストライカーだよ。やっぱり難しいよなぁ。

 勝つための戦い方は全部、一緒だよ。守らないといけない。そして、少ないチャンスをどうやって得点に結びつけるか。いかに相手に攻めに来させて、カウンターしかないでしょう。そこでFWが相手のDFラインを突破できるかどうかだな。

 やっぱりそう考えると、今のままじゃ難しいわな。前の選手は、シュートの意識を強く持って練習しないと。ペナルティーエリアに入ってどうにかしようなんて考えていたら、アカン。外からでもガンガン打つ。そういうことを考えてやっていってほしいな。

★注釈

 日本代表は2002年日韓大会と2010年南アフリカ大会でグループリーグ(1次リーグ)を突破した。02年はH組で、相手はベルギー(2-2で引き分け)、ロシア(1-0で勝ち)、チュニジア(2-0で勝ち)。決勝トーナメントは初戦でトルコに0-1で敗れた。10年はE組で、相手はオランダ(0-1で負け)、デンマーク(3-1で勝ち)、カメルーン(1-0で勝ち)。決勝トーナメントはパラグアイにPK戦の末、敗れた。

★日本代表の2014年ブラジルW杯・コロンビア戦VTR

 6月24日(日本時間25日)にC組1次リーグ第3戦で対戦。前半17分にPKで先制点を奪われるも、ロスタイムにMF岡崎のヘッドで同点に追いついた。しかし、後半10分に勝ち越しゴールを許す。さらに37分と45分に失点し、1-4で惨敗。1分け2敗のC組最下位で1次リーグ敗退が決まった。

釜本 邦茂(かまもと・くにしげ)

 元FW。1944(昭和19)年4月15日生まれ、73歳。京都市出身。京都・太秦小-蜂ヶ岡中-山城高から早大を経て67年にヤンマー(現C大阪)入り。日本リーグ通算251試合で202得点を挙げ、得点王7度。日本代表では64年東京五輪に出場し、68年メキシコ五輪で得点王(7得点)になるなど銅メダル獲得に貢献。国際Aマッチ通算76試合で75得点は男子歴代最多。84年に引退。91年に松下電器(現G大阪)監督に就任。95年に退任した後は日本サッカー協会副会長などを歴任。現在は同顧問。元参院議員。

今、あなたにオススメ

ランキング

PR