ハリル監督強気!優勝経験国と「やりたい」 運命のW杯組み合わせ抽選へ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ハリル監督強気!優勝経験国と「やりたい」 運命のW杯組み合わせ抽選へ

更新

モスクワに到着したハリルホジッチ監督。いよいよ、日本の対戦国が決まる(共同)  2018年W杯ロシア大会の組み合わせ抽選会は1日午後6時(日本時間2日午前零時)からモスクワのクレムリンで行われ、6大会連続6度目の出場となる日本の1次リーグの対戦相手が決まる。抽選会に出席する日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が30日、成田空港を出発。11月に1-3で敗れたブラジルなど、強豪国との対戦を熱望した。

<< 下に続く >>

 いよいよ日本の対戦相手が決まる。運命の抽選会が行われる氷点下のモスクワに向け、ハリルホジッチ監督が成田空港を出発した。

 「強豪国が2つ、最悪の場合は3つくる可能性がある。困難なグループに入ってしまう可能性もあるが、それがW杯。すべての対戦国が強敵だ」

 今回の抽選会では、10月発表のFIFAランキングを基準に4つのポットに分けられる。日本は最も格付けが低い第4ポットで、1次リーグで対戦する3チームはすべて格上だ。「くじ運はよくない」という指揮官は、「私は天に何かがあるとは思わないタイプの人間。仕事で成し遂げるタイプだ」。もちろん、験担ぎもしない。

 「3カ国はわれわれを弱小国と思ってくる。弱小だと思われているということは、逆に食える可能性がある」

 狙うは世界が驚く番狂わせだ。29日には「ブラジル、ドイツ、フランスとやりたい」と優勝経験国との対戦を熱望した。特にブラジルには11月の親善試合で1-3ながら後半の反撃に手応えを感じ取った。「いまでもあれは入っていたと思っている」というFW杉本がネットを揺らすも、オフサイドの判定で取り消される不運もあった。

 「10回のうち1回は勝てるかもしれない。W杯では、その1回を追求しなければいけない。相手ごとに戦術を準備する時間は十分にある」

 リベンジを世界最高峰の舞台で成し遂げる。ハリル・ジャパンが、ロシアの地で激アツの“ジャイアントキリング”を演じる。(清水公和)

ポット分けへ出場国一覧へ

今、あなたにオススメ

ランキング

PR