C大阪・杉本が月間ベストゴールを受賞 「まさに旬」と選考委員会も絶賛 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

C大阪・杉本が月間ベストゴールを受賞 「まさに旬」と選考委員会も絶賛

更新

C大阪・杉本が月間ベストゴールを受賞 「まさに旬」と選考委員会も絶賛  Jリーグは10日、10月度の「月間ベストゴール」を発表。受賞ゴールは、10月15日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vsセレッソ大阪で、杉本健勇(C大阪)が決めたゴールが選ばれた。

<< 下に続く >>

 ■まさに旬。仕掛けて抜いていく、杉本ならではのゴール

 Jリーグ選考委員会は杉本のゴールについて「ボールを持つとドリブルで仕掛け、最後までDFに寄せられながらも力強いキックでゴールネットに突き刺した。相手DFの股を抜いた突破、寄せられながらも姿勢を保ち雨の中でも軸足をしっかり踏み込んだシュートと難易度が高いゴールだった」と評価。

 「相手に仕掛けて抜いていくドリブル突破は、長身の日本人FWには珍しく、まさに杉本選手らしいプレーといえる。このプレーが得点という結果につながっていることが、今シーズンにおける同選手の成長を示しているとの評価も。仕掛けて抜ける、まさに旬と言える杉本選手ならではのゴールに高い評価が集まった」と選出理由を示している。

 ベストゴール受賞にあたり杉本は「イメージ通りのドリブルで相手をかわすことができ、シュートも良いコースに打つ事ができました。先制点を決められてからすぐの同点ゴールだったので大きな1点だったと感じます」とゴールシーンを回想。

 リーグでは19ゴールを挙げ、得点ランク2位につけている杉本は、4日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ決勝でも貴重な先制ゴールをマーク。チームの初タイトル獲得に貢献するなど、C大阪躍進の原動力となっている。

 杉本は「残りの試合でもチームを勝利に導くゴールを決められるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします!」と残り3試合に向けて意気込んでいる。

 受賞した杉本のゴールは、年間で最も優れたゴールに与えられる「年間最優秀ゴール賞」候補にノミネートされる。「年間最優秀ゴール賞」は12月5日に横浜アリーナで行われる2017 Jリーグアウォーズにて表彰される。(Goal.com)

今、あなたにオススメ

ランキング

PR