アルゼンチン代表辞退のイカルディ、精密検査で軽症と判明 19日アタランタ戦で復帰 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

アルゼンチン代表辞退のイカルディ、精密検査で軽症と判明 19日アタランタ戦で復帰

更新

アルゼンチン代表辞退のイカルディ、精密検査で軽症と判明 19日アタランタ戦で復帰  インテルミラノの主将FWマウロ・イカルディは19日に行われるアタランタ戦で復帰できる見込みとなった。7日、『Goal』の取材により明らかになった。

<< 下に続く >>

 イカルディは5日に行われたセリエA第12節トリノ戦(1-1)においてDFニコラ・ヌクルと接触。右ひざの痛みを訴え、アルゼンチン代表の招集を辞退していた。エースストライカーの長期離脱が心配されたものの、インテルミラノは公式ウェブサイトにおいて、精密検査の結果、ひざに損傷は見られなかったと発表している。なお打撲により、右ひざ前部に炎症が残っており、4~5日間の特別プログラムを経て、早ければ来週14日にもルチアーノ・スパレッティ率いる全体練習に参加できる見通しだ。代表戦明けのアタランタ戦には復帰できるとみられる。

 イカルディは今シーズン、セリエA12試合に出場し11得点をマーク。開幕から無敗を記録し、順位表で3位につけるインテルミラノのけん引役となった。なおイカルディ不在のアルゼンチンは、来年のワールドカップ開催国であるロシアにおいてフレンドリーマッチ2連戦に挑む。11日はモスクワにてロシアと対戦、14日にはクラスノダールにてナイジェリアとの対戦が組まれている。(Goal.com)

今、あなたにオススメ

ランキング

PR