【辛勝後コメント集】ハリル監督「先制後、おかしなことに主導権渡してしまった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【辛勝後コメント集】ハリル監督「先制後、おかしなことに主導権渡してしまった」

更新

雨の中、指揮を執るハリルホジッチ監督=豊田スタジアム(撮影・甘利慈)  サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップは6日、愛知・豊田スタジアムで行われ、日本代表はニュージーランド代表に2-1で勝った。来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会出場を決めた日本は、アジア最終予選終了後の最初の試合を白星で飾った。

<< 下に続く >>

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング40位の日本は同113位で11月に南米5位との大陸間プレーオフを控えるニュージーランドに対し、後半5分に大迫(ケルン)のPKで先制。14分に追い付かれたが、42分に倉田(G大阪)の代表初ゴールで勝ち越した。対戦成績は3勝2敗。

 日本は10日に横浜・日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。

ハリルホジッチ日本代表監督の話「先制後、おかしなことに主導権を渡してしまったが、素晴らしいプレーから2点目が生まれた。完璧な試合ではなかったが、勝ったことは喜びたい」

大迫「PKだったが、しっかり点を取ることができてよかった。まだまだやるべきことは多いし、個々の能力を上げることが大事」

武藤「自分らしいプレーもできたが、欲を言えば点も取りたかった。連係はうまくいったが、それが得点につながらなかったので突き詰めたい」

香川「決めるチャンスがたくさんあったので(得点できず)残念だが、次は決められるようにしたい」

川島「個人的にはあまり良くなかった。(キックミスは)狙いすぎてミスにつながった」

久保「もうちょっとシュートシーンを自分でつくれればよかった。それ以外はまずまず」

長友「好機はたくさんあったが決め切れず、自分たちで難しくしてしまった。最後に勝ち切れたのはポジティブ」

小林「周りを生かすことを意識した。自分が入った時間と、相手の疲れ具合を考えたら評価はしづらい」

田嶋幸三・日本サッカー協会会長の話「選手は前半から良いペースと高い意欲でやってくれた。なかなかゴールできないのは問題だが、勝ったことには満足しないといけない」

西野朗・日本サッカー協会技術委員長の話「全員で勝ち切れた。途中から入った選手がアクセントをもたらしてくれた」

試合結果へ代表日程へ代表メンバーへ

今、あなたにオススメ

ランキング

PR