【サッカーコラム】バルセロナはどうなる? カタルーニャ独立問題でスペインリーグ脱退でもプレーの場はありそう - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【サッカーコラム】バルセロナはどうなる? カタルーニャ独立問題でスペインリーグ脱退でもプレーの場はありそう

更新

 【No Ball,No Life】いまサッカーファンを最も焼きもきさせているニュースはスペイン1部の名門バルセロナなどの本拠地があるスペインのカタルーニャ州の独立問題だろう。スペインからの分離独立を問う住民投票が行われた1日には、州内各所で投票を巡る警察と住民の衝突が発生。観客の安全確保のため、バルサはその日に組まれたラスパルマス戦の延期を求めたが、リーグ側に却下され、試合を行わなければ勝ち点マイナス6の制裁が下ると伝えられた。

<< 下に続く >>

 結局、ラスパルマス戦は観客を入れずに実施した。

 「カタルーニャの人々に寄り添い、世界に向けて憤りを示す必要があった。試合は行うが無観客にすると、最終的に私が決めた」とバルセロナのバルトメウ会長は2日、声明を発表。無観客で試合を行ったことには、投票を巡る警察と住民の衝突に対する抗議の意図も含まれているようだ。

 1日に行われた投票の結果、州政府は「独立賛成」が9割を占めたと発表。近く独立宣言が出されることになる。一方でスペイン政府はこの投票を憲法違反と見なしているため、今後も混乱が続く可能性が高い。

 仮にカタルーニャ州の独立が実現した場合、バルセロナはどうなるのだろうか。バルサだけでなく、エスパニョールとジローナと州内には1部だけでも他に2クラブがある。フランスリーグのモナコやウェールズのクラブが参加するイングランド、カナダのクラブが参加する米(メジャーリーグサッカー)MLSのように近隣国のクラブが参加するリーグの例はあるものの、スペインリーグのハビエル・テバス会長(55)はスペイン・リーグに参加するクラブは、スペイン国内のクラブでなければならないとの方針を示している。

 カタルーニャ州の独立が実現した場合、バルセロナを含むカタルーニャ州のクラブはスペインリーグの参加資格を失うことになるようだ。

 欧州各国の報道によれば、フランス1部やイングランド・プレミア、イタリア・セリエAなど、他国のトップリーグにバルセロナが参戦するのではとのウルトラCプランまで出ている。バルセロナほどのビッグクラブであれば、仮にスペインリーグから脱退することになっても、プレーする場を見つけることは難しくなさそうだ。

 最大のライバルであるレアル・マドリードだって、最大の目玉カードであるクラシコを失うのは痛手となる。カタルーニャ独立を機に欧州各国のリーグ再編が進み、国籍を問わず各国のビッグクラブだけが集う「スーパーリーグ」が誕生する可能性もある。(清水公和)

今、あなたにオススメ

ランキング

PR