46歳の釜石SW・伊藤、今季限りで現役引退「肉体と精神の限界」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

46歳の釜石SW・伊藤、今季限りで現役引退「肉体と精神の限界」

更新

日本ラグビーをけん引した46歳の鉄人・伊藤がついに現役引退を決断した  元ラグビー日本代表で、46歳の今季も現役を続けていたNO・8伊藤剛臣(釜石シーウェイブス=SW)が今季限りで引退することが6日、明らかになった。豪快なサイド突破を武器に日本代表62キャップを誇り、多くのファンを魅了したが、自ら精神力、体力の限界と判断して現役生活にピリオドを打つ。

<< 下に続く >>

 神戸製鋼、日本代表で背番号8を背負った46歳の“鉄人”伊藤が、ついにジャージーを脱ぐ。

 「肉体と精神の限界だと判断しました」

 伊藤は暴れ馬のような奔放なアタックでファンを魅了。法大3年時に大学日本一に輝き、神戸製鋼、釜石SWと、日本選手権でともに7連覇を遂げた名門で25シーズン活躍した。

 釜石SWでは、チームが属するトップチャレンジリーグからトップリーグ(TL)への昇格を目指したが、今季の第1ステージで5位に終わり来季のTL昇格が消滅。「若手が成長してきた」と後輩たちの奮起に期待し引退の決意を固めた。

 自身が最も印象に残る試合は、2003年W杯豪州大会のスコットランド戦。W杯で初先発した。「僕らは(11-32で)敗れたが、全員が頭からタックルした試合。初めてブレイブ・ブロッサムズ(勇敢な桜)といわれた」。19年W杯の1次リーグでスコットランドと再戦する日本代表の後輩たちに雪辱を託す。

 残された試合は9日から始まる第2ステージでの中部電力戦(江戸川陸)を含めた3試合。日本ラグビーをけん引した鉄人が完全燃焼する。

伊藤 剛臣(いとう・たけおみ)

 1971(昭和46)年4月11日生まれ、46歳。東京・荒川区出身。法政二高1年からラグビーを始め、高校日本代表。法大-神戸製鋼-釜石SW。日本代表キャップ62。1メートル85、92キロ。

ランキング

PR