岩本、2日連続で安定感「結構いいのが入ってくれた」/国内男子 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

岩本、2日連続で安定感「結構いいのが入ってくれた」/国内男子

更新

第2日、通算11アンダーで2位の岩本高志=京和CC  ホンマ・ツアーワールドカップ第2日(6日、愛知・京和CC=7190ヤード、パー71)初の賞金王を目指す宮里優作が68で回り、通算13アンダーの129で初日からの首位を守った。2打差の2位に岩本高志、大堀裕次郎が並んだ。

<< 下に続く >>

 初日65の岩本は6バーディー、1ボギーの66で回り、2日間連続で安定感を見せた。会心のゴルフに「結構いいのが入ってくれた。ショットが良かった」と上機嫌だった。

 42歳のベテランは1998年のプロ転向以降、ツアーはまだ勝利がない。残りの2日に向けては「ショットもパットもいいので、自分が取り組んでいることをしっかりやりたい」と力強く話した。

リーダーボードへツアー日程へ

今、あなたにオススメ

ランキング

PR