動画レッスン【Enjoy!Golf】青木瀬令奈の「ラフからユーティリティーの打ち方」編 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

動画レッスン【Enjoy!Golf】青木瀬令奈の「ラフからユーティリティーの打ち方」編

更新

ボールが芝に浮いているのか、沈んでいるのか、順目か逆目かを判断することが、ミスを防ぐ第一歩になります  6月の「ヨネックスレディス」で念願のツアー初優勝を飾ったプロ7年目の青木瀬令奈(24)=三和シヤッター工業=が、100切りを目指すアベレージゴルファーに向けて3回にわたって実践テクニックを伝授します。第1回は夏場の深いラフからユーティリティー(UT)でグリーンを狙う方法。旬の女子プロの技は動画でも紹介しています。 (取材構成・清野邦彦、稲垣博昭)

<< 下に続く >>

 夏は芝の伸びた深いラフに入る場面も多いと思います。その際の重要なポイントがライの見極めです。ボールが芝に浮いているのか、沈んでいるのか、順目か逆目かを判断することが、ミスを防ぐ第一歩になります。

 実際に、ラフでクラブを地面に置いてみてください。このとき、ボール近くの長い芝を押しつけるようだとライの改善になるので注意してください。

 意外に深い芝のように見えて、実は浅かったりすることがあります。ライを確認しないまま、普段通りに上から打ち込んでテンプラ(インパクト時にヘッド上部に当たりボールが高く上がってしまう)になるのは、こういう場面です。

 今回はもっとも難しい、ラフに沈んでいるケースで、ピンまで残り約150ヤードをUTでグリーンを狙うショットを教えます。男性の場合は残り170ヤードぐらいで応用してください。

 こういう場面で、アマチュアの方はクラブを鋭角に入れて打ち込みたくなるかもしれませんが、私の場合はフェースを開いて、カット気味に打ちます。

 意識的にスライスを打つ、いわゆるインテンショナルスライスのスタンスでグリーンを狙います。

 《オープンスタンスで立ち、体の向きに沿ってスイング》

 〔1〕ボールはスタンスの中央かやや左足寄りに

 〔2〕クラブフェースの向きはピンに向かってスクエア(目標に対して直角)にセット

 〔3〕スタンスは、ボールと目標方向のラインに対して、体を少し左に向けてオープンにします

 〔4〕クラブは体の向きと同じ方向にカット気味に最後まで振り抜きます

 スイングはスタンスラインに対して平行ですが、ターゲットラインに対してはカット軌道になります。フェースが開いているので、ボールは楽に高く上がり、方向性も出しやすくなります。ぜひ試してみてください。

青木 瀬令奈(あおき・せれな)

1993(平成5)年2月8日生まれ、24歳。前橋市出身。7歳でゴルフを始める。2008年「全日本女子パブリックアマ」「全国高校選手権」などで優勝。前橋商高を卒業した11年にプロテスト合格。15年に賞金ランク27位で初の賞金シード。昨季賞金ランク27位。今年6月の「ヨネックスレディス」でツアー初優勝。今季18試合出場、賞金ランク23位(2088万1500円)。得意クラブはウエッジ、パター。家族は両親と姉。1メートル53、50キロ。

今、あなたにオススメ
Recommended by

ランキング

PR