41歳クヌートン、首位堅持も慎重「最終組で体がどんな反応示すか」/国内男子 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

41歳クヌートン、首位堅持も慎重「最終組で体がどんな反応示すか」/国内男子

更新

第2日、通算9アンダーで首位のジェーソン・クヌートン=千葉CC梅郷  パナソニック・オープン第2日(21日、千葉・千葉CC梅郷=7130ヤード、パー71)米国出身のクヌートンがトップを堅持した。「第1ラウンドほど良くはなかったが、終盤はいいスイングができた」と前日より5打多い69にも納得顔だった。

<< 下に続く >>

 メジャー2勝のZ・ジョンソン(米国)とは生まれ年と故郷が同じという縁で仲がいい。友とは別の道を歩み、アジアツアーで14年目を迎えた41歳のベテランは「最後に勝ったのが10年前だから、最終組で体がどんな反応を示すか。まだまだ」と優勝争いには慎重な姿勢を崩さなかった。

リーダーボードへ

今、あなたにオススメ
Recommended by

ランキング

PR