カトパン、宇野の演技に大感激!間近で観戦「期待が今まで以上に」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

カトパン、宇野の演技に大感激!間近で観戦「期待が今まで以上に」

更新

初めて五輪を取材しているカトパンは、現地の熱気をリポート  カトパン、大興奮!! 平昌五輪のフジテレビ系中継キャスターを務める元フジのフリーアナウンサー、加藤綾子(32)が9日、現地からサンケイスポーツにコメントを寄せた。フィギュアスケート団体の男子ショートプログラムで1位になった宇野昌磨選手(20)の演技に「期待が今まで以上に高まりました!!」と日本選手のメダルラッシュを予感。渡辺謙(58)や北島三郎(81)も日本選手団の活躍に期待した。

<< 下に続く >>

 初めて肌で感じる五輪の熱気に、カトパンの体は極寒の平昌でも自然と熱くなった。

 加藤は、この日開幕した平昌五輪で、初めて五輪を現地で取材。会心のパフォーマンスでフィギュアスケート団体の3位発進に貢献した宇野選手を間近で見て早速、大感激。「期待が今まで以上に高まりました。きっと日本人選手にいい刺激になったと思うので、いい流れですべての選手に頑張っていただきたい」と相乗効果を期待した。

 五輪の魅力を余すことなくリポートすべく、体調管理も万全。平昌の2月の平均最低気温はマイナス11度。「カイロをたくさん貼ったり重ね着をしています」と防寒対策もバッチリだ。

 夜には、平昌五輪スタジアムで行われた開会式も観戦。92カ国・地域が参加し、最後に韓国と北朝鮮が合同入場した。合同チーム「コリア」として、朝鮮半島をかたどった「統一旗」を掲げた両選手団の姿に「スタジアムの雰囲気が特に盛り上がっていて印象的でした」とスポーツの祭典の空気を実感。カトパンが連日、五輪の興奮をリアルに伝えていく。

今、あなたにオススメ

ランキング

PR