韓国検察、元国防相を逮捕 李政権で世論工作容疑 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

韓国検察、元国防相を逮捕 李政権で世論工作容疑

更新

 韓国のソウル中央地検は11日、李明博政権(2008~13年)下での軍部隊による世論工作事件に関与したとして、軍刑法違反(政治関与)などの疑いで当時の国防相で前国家安保室長の金寛鎮容疑者(68)を逮捕した。聯合ニュースが伝えた。金容疑者は李氏の指示があったと供述したとも報じられ、李氏の捜査が不可避との見方も強まっている。

<< 下に続く >>

 聯合によると金容疑者は10~12年、保守系の李政権への支持を促し、革新系野党を批判する方向での世論工作を、北朝鮮とのサイバー戦を担当する軍のサイバー司令部に指示した疑い。司令部の要員を選抜する際、革新系の地盤とされる韓国南西部出身者を排除したとして、職権乱用の疑いも持たれている。

 世論工作では、革新系の金大中元政権による北朝鮮に融和的な「太陽政策」や、朴元淳ソウル市長らを攻撃し、成果を当時の大統領府に報告していたとの疑惑が持ち上がっている。

 金容疑者は、北朝鮮による対韓国の政治工作に対応する通常の作戦だったと主張し、容疑を否認しているという。

 金容疑者は陸軍出身。10年から李政権の国防相を務め、次の朴槿恵前政権でも国防相や大統領府国家安保室長を務めた軍の最高実力者だった。

 李氏は最近、側近を通じ「国が過去にとらわれている」と表明。保守政権時代の不正を追及する文在寅政権の姿勢を暗に批判した。(共同)

今、あなたにオススメ

ランキング

PR