希望、共同代表に玉木氏…小池代表の影響力低下と孤立は避けられず - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

希望、共同代表に玉木氏…小池代表の影響力低下と孤立は避けられず

更新

玉木雄一郎衆院議員が希望の党の共同代表に選出されたことにコメントした東京都の小池百合子知事=東京都庁  小池百合子東京都知事(65)が代表を務める希望の党は10日、都内で両院議員総会を開き、国会議員を率いる共同代表に玉木雄一郎衆院議員(48)を選出した。

<< 下に続く >>

 玉木氏は共同代表選で39票を獲得。14票の大串博志衆院議員(52)を退けた。玉木氏は、安全保障政策などで「小池路線」を踏襲するとし、結党メンバーらの支持を得ていた。党幹部によると14日にも小池氏も出席する両院総会で、幹事長を含む執行部人事を決定する方向で調整中だという。

 だが、小池代表の党内での影響力低下と孤立は避けられそうもない。民進党からの合流組の小川淳也衆院議員(46)は総会後、「私は玉木さんが“親小池”とは思わない。結党メンバーは8人しかおらず、45人は後発の合流組。玉木さんも大串さんも方向性は同じ」と“民進カラー”を強調。「玉木さんの独自性も発揮しないと。小池さんには都政に専念してもらいたい」と主張した。

 一方の小池氏は、共同代表選の結果について都庁内で報道陣の取材に応じ、「国政については玉木さんのリーダーシップにお任せしたい」と発言。代表職を今後も続けるかとの質問にも「これから執行部が決まるところ。見守っていきたい」と答えるに留めた。

 小池氏周辺のある関係者は、「小池さんを守る人はもう結党メンバーの中にもいない。党内の皆が除外したがっている」と唇をかむ。さらに「民進出身者の合流で、保守新党だったはずが、いつの間にかリベラルに変わってきた。結党時の理念は失われ、小池さんが代表に残っても利用されるだけ。もうかかわらない方がいい」と憤った。

 玉木、小池両代表はこの夜、都内のホテルで初会談。「2人で力を合わせていこう」と話し合ったというが、党運営はまだ波乱含み。希望は遠そうだ。

今、あなたにオススメ

ランキング

PR