ホワイトスネイクの記念盤は、ボーナス盤のライブCDがすごすぎる!/週末エンタメ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ホワイトスネイクの記念盤は、ボーナス盤のライブCDがすごすぎる!/週末エンタメ

更新

 ディープ・パープルのボーカルだったデイヴィッド・カヴァデールが40年前の1977年、結成した英ハードロックバンド、ホワイトスネイク。87年に発表した「白蛇の紋章~サーペンス・アルバス」の30周年記念盤が先月に発売された。

<< 下に続く >>

 87年のオリジナル盤は全米2位を記録し、800万枚を突破したロック史上に輝く名盤だ。今回の記念盤は、最新技術を駆使して音をクリアにしたリマスター盤、それに未発表ライヴ音源のボーナスCDを付けた2枚組盤、さらに未発表曲を収めた2枚とDVDを加えた5枚組盤の3タイプが発売された。

 記者はネットニュースで発売を知ったとき気になった程度で、是が非でも購入しようとは思っていなかった。が、休日にふらりと入ったCD店で「久しぶりに聴いてみようか」と、未発表ライヴ音源CD付きの2枚組を入手した。

 この手のCDはオリジナル盤は素晴らしいが、付録盤はどこか中途半端でコレクター的なファンだけが喜ぶ内容が多く、全く期待していなかったが、いい意味で期待を裏切られた。87~88年に行われた世界ツアーのライヴ音源で、収録地は非公表であるが、88年の東京公演も含まれていた。

 全12曲は、全盛期の脂が乗ったパフォーマンスがそのままパッケージされたような勢いがあった。もうひとつ驚いたのが“おまけのCD”とは思えない音質の高さで、30年前に発売しなかったことが不思議なくらいだ。

 この“もうひとつの名盤”について発売元のワーナーミュージックに問い合わせたところ、30年前は違うレコード会社だったため、どういう経緯でライブ音源をレコーディングしたのか分からないという。当時、権利関係の問題があったかどうかは定かでないが、30周年の時を経てバンド側が秘蔵音源を蔵出しする決断をしたようだ。

 あまりの素晴らしさに驚かされた記念盤。30年前にオリジナル盤を購入したファンはもちろん、初めてこのアルバムを聴くハードロックファンにも“必聴”の作品となっている。(宮田 剛)

今、あなたにオススメ

ランキング

PR