奈緒、Hulu連ドラで体当たり演技!野島伸司氏俳優学校の優等生 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

奈緒、Hulu連ドラで体当たり演技!野島伸司氏俳優学校の優等生

更新

素朴な笑顔が魅力の奈緒。恩師の野島伸司氏に成長した姿を見せることを誓った=東京・大手町(撮影・高橋朋彦)  人気脚本家、野島伸司氏(54)の秘蔵っ子女優、奈緒(22)が動画配信サービス、Huluの連続ドラマ「雨が降ると君は優しい」(毎週土曜配信)で新人編集者・百合役に抜てきされた。セックス依存症が題材の同作は、俳優学校「ポーラスター東京アカデミー」の総合監修を務める野島氏のオリジナル脚本で、同校卒業生の奈緒は「成長した姿を見せたい」と恩返しを誓った。

<< 下に続く >>

 今年に入り、フジテレビ系「Chef~三ツ星の給食~」をはじめ、6本の連ドラに出演するなど飛躍的な成長を遂げている奈緒。恩師と初タッグを組んだ「雨が降ると君は優しい」では、下着姿になるなど体当たりの演技を見せている。

 先月16日に配信スタートした同作は“妻のセックス依存症”がテーマ。玉山鉄二(37)と佐々木希(29)が夫婦役を演じることでも話題だ。奈緒は、母の突然死を究明するため、担当する老作家から激しいセクハラを受ける編集者・百合役を熱演している。

 高校生のとき、地元・福岡でスカウトされ、20歳のときに女優を目指して上京。素朴な笑顔が印象的な新進女優が今年、急成長した裏には「雨が-」の脚本を手がけた野島氏の教えがあった。

 奈緒は、昨年に野島氏が総合監修する俳優養成所「ポーラスター東京アカデミー」に特待生で入学。「家なき子」(1994年)などを世に送り出したヒットメーカーのもとで1年間、女優としてのノウハウを学び、「仕事を楽しめるようになった」という。

 野島氏は「彼女は、すさまじい努力家。一生徒に過ぎないが、現状、頭二つくらい抜けているかな」と絶賛。奈緒も「野島さんとの仕事は不安で眠れないときもあったけど、先生に成長した姿を見せたい」と誓う。

 来年4月2日スタートのNHK連続テレビ小説「半分、青い。」で、朝ドラデビューも果たす。「私と同名の役(菜生=なお)で運命を感じた。(ドラマが)終わったとき、視聴者の半分以上の方が知っている女優でありたい」。野島氏も「他の生徒も彼女に続いて」と応援。同校で汗を流す後輩に自身の活躍を見せることが奈緒の使命だ。

★奈緒に続け!生徒募集中 

 奈緒を送り出したポーラスター東京アカデミーでは生徒を募集中。野島氏が全幅の信頼を置くスタッフが演技指導などを行い、現役の生徒では、莉帝(りてぃ、11)がNHK連続テレビ小説「わろてんか」に秦野リリコ(広瀬アリス、22)の幼少期役で出演中だ。野島氏は「エンタメにひかれた人間は一度は本気でチャレンジするべき。うちに来るなら完全燃焼してみろということですね」と力を込める。

 応募資格は4~45歳までの男女で、芸能事務所に所属していても可能。詳細はhttp://psta.co.jp/201710/へ。

奈緒(なお)

 1995(平成7)年2月10日生まれ、22歳。福岡県出身。モデルとして2011年に芸能界入り。13年に西日本テレビ「めんたいぴりり」でドラマ初出演し、16年には「雨女」でスクリーンデビュー。来年4月スタートのNHK連続テレビ小説「半分、青い。」にヒロイン(永野芽郁、18)の同級生役で出演。特技は乗馬。1メートル60。

今、あなたにオススメ

ランキング

PR