ピコ太郎、大統領と握手!ウガンダ観光大使に就任「光栄すぎて…」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ピコ太郎、大統領と握手!ウガンダ観光大使に就任「光栄すぎて…」

更新

ウガンダ共和国観光大使の任命式に出席した左からピコ太郎、エリック・ソルヘイム、ヨウェリ・ムセベニ大統領=ウガンダ共和国  中年歌手、ピコ太郎(54)が6日、東アフリカに位置するウガンダ共和国の観光大使に任命され、同国で行われた任命式に出席した。

<< 下に続く >>

 昨年10月に世界同時配信した「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が、デイリーチャートで唯一1位を獲得したのが同国。国内の知名度の高さから、オファーを受けた。ピコ太郎が外国の観光大使に任命されるのは初めてだ。

 今後は大使として1年間活動。7日に行われる2018年W杯ロシア大会アフリカ最終予選のウガンダ-ガーナを観戦し、ウガンダ代表にはPPAPを伝授する。

 14の国と地域を訪問してきたピコ太郎は、アフリカに初上陸。ヨウェリ・ムセベニ大統領(73)と握手を交わし、「観光大使という大役を頂けるなんて光栄すぎて、髪の毛がちょっとクシャってしまいました」と大はしゃぎだった。

今、あなたにオススメ

ランキング

PR