キムタク、関西初見参!「無限の住人」プレミアイベントで2000人斬り - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

キムタク、関西初見参!「無限の住人」プレミアイベントで2000人斬り

更新

映画「無限の住人」京都プレミアム・イベントに出席した杉咲花  俳優の木村拓哉(44)が30日、京都市内で行われた主演映画「無限の住人」(三池崇史監督、4月29日公開)のプレミアイベントに出席した。SMAP解散後、初めて関西のファンの前に姿を見せ、集まった2000人の女性客は熱狂。全国10都市を巡る初めての大規模キャンペーンの初日をロケ地の古都で迎え、「直接皆さんと向かい合って作品を手渡せることは一番うれしい」と笑顔で声援に応えた。

<< 下に続く >>

 「SMAP」の肩書はなくなっても、“スーパースター”木村拓哉は健在だった。

 共演の杉咲花(19)と会場に姿を見せただけでとどろく大歓声。生キムタクに、待ちわびた女性ファンのテンションもMAXに達した。

 「こういう場に自分が立たせていただくのはすごく久々なので」と切り出すと、2000人が一斉に「ひゅ~!」。「緊張してます」と続けると空気が和んだ。

 「この格好で、普通にしていられる京都が初めて。個人的には“寒くねぇ”っていう違和感はあるんですけど」

 太秦の東映京都撮影所を拠点に一昨年から昨年1月まで「極ッ寒」の京都で撮影。吐く息が白くなるため、本番直前になると出演者には氷入りの紙コップが配られ、それをかみ砕いてからセリフを発した。

 そんな中でも「木村さんはカイロを1枚も貼らずに…。私は10枚くらい貼ってました」と杉咲に“ぶっちゃけ”られると「イヤじゃないですか。ポトッと落ちたら」とジョークでサラリ。

 杉咲には待ち時間のコート着用を勧めても、自らは衣装の着流しのまま。「僕、面倒くさがりやなんで。傷だらけの状態にしてもらってからコート着たり脱いだりが面倒なので、そのままいただけです」と、高倉健さんばりのストイックさをテレ笑いでごまかした。

 撮影終盤は右膝靱帯を損傷し、SMAP解散騒動も持ち上がって心身とも極限状態だった。イベント直前、撮影所に寄ると、職人ぞろいの京撮スタッフに「お帰り」と迎えられ、万感の思いで「ただいま」と返した。

 さまざまな感情の詰まった作品を携え、京都を起点に全国10カ所を回るキャンペーンはSMAP時代もなかったこと。

 「直接こうやって皆さんと向かい合って作品を手渡せることは一番うれしい。ちょっと特別な思いになってしまうかもしれませんが、もう一度熊本(4月4日)に行けるのがすごく楽しみです」

 昨年6月、石原プロの炊き出しに参加した熊本地震の被災地へ、思いをはせていた。

★杉咲、冬でもかき氷

 女性ファンの大歓声を浴び、開口一番「すみません…」と恐縮してしまった杉咲。「こんなにたくさんの方々が楽しみに思ってくださると思うと、ホントにうれしいです」と喜んだ。

 真冬の撮影中、カイロは必需品なのに、大好きなかき氷は食べていたそう。前日29日に木村と嵐山をテレビ収録で訪れた際もかき氷をリクエスト。しかし木村によると、「この時期にやるか! 4月からだ」とお店の人に呆れられていたという。

「無限の住人」

 沙村広明原作の時代劇コミックを実写化。妹(杉咲花)の命を奪われて生きる意味を失った伝説の人斬り、万次(木村拓哉)は、謎の老婆から無理やり永遠の命を与えられ、死にたくても死ねない「無限の体」となってしまう。ある日、剣客集団、逸刀流の統首・天津影久(福士蒼汰)に両親を殺された浅野凛(杉咲の2役)から、仇討ちの助っ人を依頼され…。共演は市原隼人、戸田恵梨香、市川海老蔵ら。

今、あなたにオススメ
Recommended by

ランキング

PR