【ヒューマン】“和製マイケル”三浦大知「日本語の楽曲を世界に広めたい」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合速報:

野球速報 サッカー速報

【ヒューマン】“和製マイケル”三浦大知「日本語の楽曲を世界に広めたい」

更新

シャッター音に合わせて次々にポーズをキメる三浦大知。謙虚さや礼儀正しさも魅力だ=東京・渋谷  抜群の歌唱力とダンスで和製マイケル・ジャクソンの異名を取る歌手、三浦大知(29)の勢いが止まらない。昨年5月、テレビ朝日系「ミュージックステーション」の出演を機に、音楽番組やライブイベントにひっぱりだこだ。22日には、自身初の東京・代々木第1体育館公演に挑む。日本屈指のエンターテイナーへと成長した三浦は、デビュー20周年を迎え、「歌って踊る自分の手法で日本語楽曲を世界に広めたい!」と熱い思いを語った。(ペン・納村悦子、カメラ・加藤圭祐)

<< 下に続く >>

 昨年5月、「Mステ」に初出演した際、ボーカルとダンスの両方で強烈なインパクトを放ち、8月、12月と同番組に立て続けに出演。三浦は一気に知名度を上げた。

 昨年は歌手活動以外にも俳優としてドラマ初出演したり、ダンスウエアブランド「ADPJ」のイメージキャラクターに起用されるなど、枠にとらわれない活躍を見せた。

 年が明けても忙しい日々は続く。取材日も音楽番組の収録が押し、インタビューは午後11時前に始まったが、待っていた記者に対して開口一番「遅くまでありがとうございます!」とペコリ。人を気遣う笑顔にほっこりさせられた。

 成長著しい三浦は、テレ朝系で放送中の仮面ライダー生誕45周年ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」の主題歌「EXCITE」の歌唱も任された。ダンスナンバーの同曲は17日付オリコンデイリーランキング初登場1位と好発進。個人的にも思い入れの強い作品だ。

 「幼いころ、家にあった昭和ライダーの主題歌大全集というビデオテープを見ながら歌ったり踊ったりしていて、それを見た親がダンススクールに通わせてくれたのが今の僕につながるので、感慨深いですね」

 6歳から沖縄アクターズスクールに通い、1997年、男女7人組、Folderのメインボーカルとしてデビュー。当時9歳とは思えない抜群の歌唱力とリズム感で、和製マイケル・ジャクソンと称された。だが、2000年から変声期を理由に活動を休止する。

 「自分には歌やダンスをやめる選択肢はなかったので、ダンスに特化したレッスンをしたり、前向きでした。普通に中学生活を送れる喜びもありました」と振り返る。

 2005年にソロで活動を再開。なかなかヒットに恵まれず、「変声期がない女性だったら違う形になっていたかも」とも考えたが、新たなボイストレーナーと出会い、発声方法を一から習得した。「半年くらいで発声方法を土台から作り直しました。より自分らしいパフォーマンスができると思い、レッスンを積んだら、徐々にのどもかれなくなりました」と力説する。

 地道なレッスンとポジティブな精神が実を結び、パフォーマンスは爆発的にパワーアップ。14年に欧州最大の音楽賞「MTV EMA」で日本代表に選ばれた。昨年8月の「Mステ」では、ヒット曲「IT’S THE RIGHT TIME」を約2分間、マイクを持たずにアカペラで歌い踊り、共演者や視聴者をくぎ付けにした。

 さらに、代表曲「Cry&Fight」がミュージックビデオの祭典「MTV VMAJ」で最優秀R&Bビデオ賞を受賞。米歌手、アッシャー(38)やビヨンセ(35)の振付師が絶賛するなど国内外で注目を浴びている。

 盟友の活躍も原動力になっている。Folder時代の同僚で、現在トップ女優の一人でもある満島ひかり(31)のNHK主演ドラマ「トットてれび」(昨年5月放送)で、満島と16年ぶりに共演した。「Folderのメンバーとは姉弟みたいなつながりがある。LINEで『仲間』というグループを作っていて、みんなの活躍は刺激になる」と笑う。

 常に最高のパフォーマンスを見せるため、強靱な体作りも欠かさない。

 「一番は一生懸命に歌って踊ること。現場でつける筋肉は重要だと思うので。あと、体幹を鍛えていますね」

 今年8月、デビュー20周年と30代を迎える。節目の年に目指すものを尋ねると、「マイケル・ジャクソンは何をやってもマイケル。僕も、歌って踊る三浦大知にしかできない手法で、日本語の楽曲を世界に広めたい」と力を込めた。

 和製スーパーエンターテイナーは精進を重ね、“世界の大知”を現実のものにする。

三浦大知(みうら・だいち)

 1987(昭和62)年8月24日生まれ、29歳。沖縄県出身。男女7人組、Folderのボーカルとして、97年8月に「パラシューター」でデビュー。2000年に変声期を理由に活動を休止し、05年3月に「Keep It Goin’On」でソロアーティストとして活動を再開。11年5月に東京・日本武道館、13年9月に横浜アリーナで単独公演を開催した。私生活では、15年元日に一般女性と結婚し、翌年12月に長男が誕生した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

ランキング

PR