道端アンジェリカ、車いすランウェイ!外出許可もらい“仕事復帰” - SANSPO.COM(サンスポ)

試合速報:

野球速報 サッカー速報

道端アンジェリカ、車いすランウェイ!外出許可もらい“仕事復帰”

更新

右足首をギプスで固定しているため、車いすでランウェイに登場した道端アンジェリカ=東京・六本木  右足首骨折などで入院中のモデル、道端アンジェリカ(30)が10日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた障害を魅力に変えるバリアフリーファッションショー「バリコレ」に、松葉づえ姿で出演した。先月16日に骨折して以来初の公の場で、外出許可を取って“仕事復帰”。車いすに乗ってランウェイを往来したアンジェリカは「入院中でもおしゃれを楽しむと前向きになる。ファッションの力はすごい!」とほほえんだ。

<< 下に続く >>

 リハビリに励んでいるトップモデルが、ランウェイに“帰ってきた”! 「結構、重傷なんですが、病院抜け出して盛り上げに来ました」

 松葉づえをついて登場したアンジェリカは、大けがを負っているとは思えない笑顔でおちゃめにあいさつした。

 先月16日に雨でぬれた路面で転倒し、右足首脱臼と三果骨折など3カ所を骨折し、全治3カ月と診断された。同20日に手術を受けて現在も入院中だが、「今回は特別に外出許可をいただいて」ゲスト出演したという。

 「バリコレ」は、NHK Eテレの障害者情報バラエティー「バリバラ」(日曜後7・0)の特別企画として開催されたショー。テーマは「障害を魅力に変える」で、けがをしているアンジェリカも車いすに乗ってランウェイを“闊歩(かっぽ)”。「私も昨日まで車いすだったのですが、トイレに行くのも車輪が引っかかってすごく大変」と苦労を明かした。

 現在の足の具合については「まだ手術が終わって2週間ちょっと。痛みがあるので体重もかけられない」と説明。退院時期は「まだ分からない。経過を見つつという感じです」と語った。

 入院中も「朝はメークを欠かさずやっている」というアンジェリカは、「誰に会うわけでもなく(病室で)1人だけど、おしゃれを楽しむと気持ちが前向きになる。ファッションの力ってすごいな!」と実感していた。

★はるな愛「最高のファッションショー」

 「バリコレ」には、リオデジャネイロパラリンピックで活躍したアスリートら、さまざまな障害のある約50人がモデルとして登場。走り高跳びで4位だった右足義足の鈴木徹選手(36)は、羽根をあしらったシースルーの衣装で高跳びを生披露するなど盛り上げた。アンジェリカと同じくゲスト出演したタレント、はるな愛(44)は「最高のファッションショーを発信できたと思う」と笑顔。ショーの模様は11月6、13日に「バリバラ」で放送。

ランキング

PR