SANSPO.COM for mobile

やしきたかじんさん死去…食道がんで休養中

ニュースカテゴリ:芸能社会の芸能の芸能その他

やしきたかじんさん死去…食道がんで休養中

更新

やしきたかじんさん  歌手やテレビ司会者として人気のタレント、やしきたかじん(本名・家鋪隆仁=やしき・たかじん)さんが死去していたことが7日、わかった。64歳だった。昨年3月、食道がんの治療に伴う休養から1年2カ月ぶりに復帰したが、その後再び体調不良を理由に休養していた。

 やしきさんは、京都を拠点にシンガーソングライターとして活動を開始し、昭和51年に「ゆめいらんかね」などでデビュー。59年の「あんた」、61年の「やっぱ好きやねん」がヒット、脚光を浴びた。

 また、機転の速さと歯に衣きせぬ発言からテレビやラジオ番組で活躍。出演番組はいずれも注目が高くなることから“浪花の視聴率男“の異名をとった。現在も関西テレビ系「たかじん胸いっぱい」、読売テレビ系「たかじんのそこまで言って委員会」、テレビ大阪系「たかじんNOマネー」のレギュラー番組を持つ。

 一方で、一般社団法人「OSAKAあかるクラブ」の理事長として大阪復権へ向けた支援活動に携わったほか、橋下徹大阪市長の相談相手としても知られていた。

 やしきさんは、一昨年1月に食道がんの診断を受け、同月末からすべての芸能活動を休止。4月に内視鏡手術を受け、昨年3月に芸能活動を再開したが、5月に体調不良を訴え、再び休養に入っていた。

番組の共演などで親しかった落語家の桂ざこばさんの話「悲しい知らせにとてもびっくりしています。体調は少しずつ良くなっていると聞いていたので、近いうちに復帰して、また時々けんかをしながらも楽しく一緒に番組を続けていけると思っていたのに…。非常に残念ですが、今はただ、ご冥福をお祈りします」

関西発のお笑い番組を多く手掛けたプロデューサー沢田隆治さんの話「芸が円熟していくころだけに残念だ。達者なしゃべりとともに、テレビで見せるアクの強さ、歌手としては二枚目的というギャップも、大阪で好まれたのだろう。東京集中が進むテレビの世界で、東京に背を向けて大阪流を貫いた最後のスターかもしれない」

ランキング