【試合結果】愛工大名電、打線が爆発 白山に10-0快勝/甲子園 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【試合結果】愛工大名電、打線が爆発 白山に10-0快勝/甲子園

更新

1回、先制適時打を放つ愛工大名電・西脇=甲子園球場(撮影・榎本雅弘)  第100回全国高校野球選手権大会第7日第4試合(白山0-10愛工大名電、11日、甲子園)愛工大名電(西愛知)の打線が爆発。投げては室田-秋山の無失点リレーで初出場の白山(三重)に快勝した。

<< 下に続く >>

 白山は岩田、愛工大名電は室田が先発。愛工大名電は一回、先頭の柳本が二塁内野安打で出塁すると、守りのミスをついて三塁まで進塁し、2番・西脇の中前適時打で先制のホームを踏んだ。さらに一死一、三塁とし5番・後藤の遊ゴロの間に西脇が生還。二死二塁から永井の中前打で1点を追加した。愛工大名電は五回から秋山が登板している。

 愛工大名電は五回にも先頭の1番・柳本の投前内野安打を皮切りに西脇の中前打、稲生の中前適時打と3連打で1点を追加し、さらに一死二、三塁から5番・後藤が中前2点打を放つ。さらに二死三塁で7番・堀内の右前適時打で系4点を挙げ、7-0と大きくリードを広げた。

 愛工大名電は六回二死から1番・柳本が中前打で出塁すると、2番・西脇の打席で二盗を決め、西脇が左翼手の頭上を大きく越える適時二塁打を放ち1点を加えた。

 白山は八回から山本がマウンドへ。愛工大名電はこの回先頭の8番・安井が左翼席に飛び込むソロを放ち、二死後、2番・西脇もソロ本塁打を左中間スタンドへ運んだ。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

ランキング

PR