中日・松坂は「子供たちの英雄」斉藤コミッショナー、復活&球界盛り上げに期待 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

中日・松坂は「子供たちの英雄」斉藤コミッショナー、復活&球界盛り上げに期待

更新

ブルペンでは最多の77球。新コミッショナーのエールも受けた松坂  中日春季キャンプ(9日、沖縄・北谷)日本野球機構(NPB)の斉藤惇新コミッショナー(78)が9日、沖縄・北谷の中日キャンプ地を視察。テスト合格した松坂大輔投手(37)に対し「子供たちの英雄。野球人口増加のために球界を盛り上げて」とエールを送った。その松坂は“御前投球”で今キャンプ最多の77球を投げた。

<< 下に続く >>

 予定は未定-。スーパースターの特権だ。練習メニューで松坂の登板予定はなし。ところが、背番号99は当然のようにブルペンへ。視察に訪れた斉藤新コミッショナーが見守る前で、投げる、投げる。ちょうど70球投げ終えると、まさかの“途中休憩”。山なりのキャッチボールを挟んでオマケの7球。計77球は、今キャンプ4度目のブルペンで最多だ。

 「最初から投げるつもりでしたよ。コーチの勘違いでしょ」

 笑って報道陣を煙に巻く。“松坂サプライズ”にもちろんファンは大喜び。でも最も喜んだのはコミッショナーかもしれない。

 「思った以上に良い感じで投げておられた。キャンプ地も明るくなっているような…」

 怪物加入の効果を肌で感じた球界のトップは、熱いメッセージを送るのも忘れなかった。

 「米球界に挑戦された方は、そのまま引かれる(引退する)方が多い。でも、帰ってきてもう一度、日本球界でプレーしてくだされれば、希望になる。青木さん(ヤクルト)もそう。松坂さんは子供たちが英雄視していますから。子供の少子化が叫ばれ、野球人口の減少が心配されている。ぜひ、これからも野球界を盛り上げて欲しい」

 子供たちの憧れの存在が、海を渡ってもいい。ただし、もう一度、日本に戻って、身近な世界でプレーしてもらいたい。その象徴的存在として、松坂の復活を切に願った。「野球の未来」を松坂に託したのだ。

 12球団平等の立場だが、あえて「(中日で)頂点を目指して」とリップサービスも。

 そんな大役を任された男は「順調」を強調した。

 「痛みが出ないようにと悩んでいた時に比べれば、今は野球の技術で悩んでいる。いいストレスですね」

 子供たちの英雄は、復活の階段をまた一歩、上った。 (上田雅昭)

キャンプ日程へ

今、あなたにオススメ

ランキング

PR