仙台育英野球部、無期限活動停止…今夏の甲子園ベンチ入り生徒含む6人が飲酒、喫煙 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

仙台育英野球部、無期限活動停止…今夏の甲子園ベンチ入り生徒含む6人が飲酒、喫煙

更新

野球部のグラウンドがある多賀城校舎  甲子園の常連校で、今夏の全国高校野球選手権大会で8強入りした仙台育英高(仙台市宮城野区)の硬式野球部員と引退した3年の計6人が11月、剣道部を引退した3年の2人とともに、仙台市内の飲食店で飲酒や喫煙をしていたことが6日、同校への取材で分かった。計8人のうち1人が急性アルコール中毒の疑いで救急搬送。8人全員が事実関係を認めており、野球部と剣道部はこの日から期限をつけず活動を停止した。

<< 下に続く >>

 同校によると、野球部の6人は2年と3年の各3人。11月27日午後7時ごろから約4時間、剣道部を引退した3年の2人とともに、仙台市青葉区の飲食店で飲酒、喫煙していた。

 野球部6人の中には、夏の全国大会でベンチ入りした生徒も含まれているという。8人のうち1人が、急性アルコール中毒の疑いで救急搬送された。

 野球部員の一部は寮に住んでいるが、「家族と面談する」と申告し、外出許可を得ていた。同校の真山晴夫副校長は「多くの生徒が頑張っている中、非常に残念だ。生徒の指導と管理を徹底したい」と話した。

 同校は既に宮城県高校野球連盟に報告しており、今後、生徒への聞き取りなどで事実関係を調査し、生徒の処分や活動再開時期を決める。

 宮城県高野連は詳細を確認次第、日本高野連に報告。処分などの判断を待つ。宮城県高野連の佐藤秀之理事長は「全国的にも名の知れた学校の、このような事件。3年生3人に2年生も3人と大人数で、社会のルールを犯したことに大きなショックを受けております」と話した。

 仙台育英の硬式野球部は、これまで夏の全国大会に26回、春の選抜大会に12回出場している。1989年夏、2001年春、15年夏の甲子園で準優勝。今夏の甲子園は8強入りした。今秋の東北大会は初戦で敗退し、来春の甲子園出場が絶望視されている。

 今回の不祥事に、同校の生徒や県民からは落胆の声が聞かれた。同校2年の男子生徒は「野球部は育英の看板なので残念。今後このようなことがないようにしてほしい」と落胆した様子。利府町の会社員男性は「強豪校とはいえ、遠くの他県でなく、県内や東北地方出身の選手が多いチーム。身近な大人だけでなく、町ぐるみで守ってやれなかったのか」とやりきれなさを語った。

★千葉では

 拓大紅陵高の元硬式野球部員である17-18歳の少年が7月10日、売春防止法違反(斡旋)の疑いで逮捕された。30代の男性客に知人の少女を引き合わせて、売春をあっせんした疑い。3人は逮捕容疑の当時、高校2年で野球部員だったが、7月の逮捕時は退学していた。

 また、暁星国際高硬式野球部の男性監督が昨年夏ごろから、男子寮で共同生活する部員の布団に入るなどの行為をしたとして、11月上旬に保護者から警察にセクハラやパワハラの相談があった。監督は部活動の指導を外れている。

仙台育英(せんだいいくえい)

 1905(明治38)年に育英塾として創立。48年に現校名に改称。普通科のみの私立共学校。校訓は「至誠」「質実剛健」「自治進取」。野球部は30年創部。甲子園出場は春12度、夏26度。主なOBは大越基(元ダイエー)、由規(ヤクルト)、橋本到(巨人)、上林誠知(ソフトバンク)、平沢大河(ロッテ)、佐藤世那(オリックス)。所在地は宮城県仙台市宮城野区宮城野2の4の1。加藤雄彦校長。

今、あなたにオススメ

ランキング

PR