選手が選手にヒーローインタビュー!阪神・矢野2軍監督がファーム改革第一弾 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

選手が選手にヒーローインタビュー!阪神・矢野2軍監督がファーム改革第一弾

更新

7月1日の大山のヒーローインタビュー。矢野2軍監督は選手が聞き手となる新インタビューを発案  ファーム改革第一弾!阪神・矢野2軍監督が10日、来季の2軍戦後に選手同士でのヒーローインタビューを行うプランを披露した。実現すれば、虎党必見のファンサービスになる。

<< 下に続く >>

 技術はもちろん、心も鍛える。その方法の1つが選手同士のインタビュー。矢野2軍監督は「ヒーローインタビューで、選手同士でやらしたらどうかなって。俺も解説や(テレビの)スポーツコーナーをやっていたけど、聞くってめっちゃ難しいやん! 聞くことを準備していくわけだから、そっちの勉強にもなると思う」と明かした。

 阪神では甲子園開催のウエスタン公式戦後に掛布前2軍監督(現SEA)らがヒーローインタビューに登場して虎党をわかせていた。他チームでは、ソフトバンク2軍がタマホーム筑後での試合後に選手がマイクを持ってファンに語りかける「若鷹スピーチ」が大好評だ。

 「ファンの人も喜んでくれるかもしれんし、(選手同士)お互いが勉強になるんちゃうんかなって。人前でしゃべる機会は作っていったほうがいいとは思ってる」

 実現すれば、施設の関係で甲子園開催でのゲーム限定になりそうだ。試合で結果を出し、言葉でもファンの心をつかむ。“矢野プラン”でファームの若虎の心身を磨き上げる。 (新里公章)

今、あなたにオススメ

ランキング

PR