インディアンスとアストロズ、ともに2連勝でリーグ優勝決定シリーズ進出に王手  - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

インディアンスとアストロズ、ともに2連勝でリーグ優勝決定シリーズ進出に王手 

更新

八回に同点のソロを放ったインディアンスのブルース(AP)  米大リーグのプレーオフは6日、ア、ナ両リーグの地区シリーズ(5回戦制)が各地で行われ、アの第2戦はヤンキース(ワイルドカード)が敵地クリーブランドでインディアンス(中地区)に延長十三回、8-9のサヨナラ負けで2連敗となり、リーグ優勝決定シリーズに進むには1敗もできなくなった。第3戦は8日で、ヤンキースの本拠地ニューヨークで田中が先発する。

<< 下に続く >>

 アストロズ(西地区)はレッドソックス(東地区)に8-2で快勝し、インディアンスとともにリーグ優勝決定シリーズ進出にあと1勝とした。

 ナの第1戦はダルビッシュ、前田のドジャース(西地区)がダイヤモンドバックス(ワイルドカード)を9-5で破り、先勝した。昨季のワールドシリーズ覇者カブス(中地区)はナショナルズ(東地区)に3-0で勝った。(共同)

アストロズ・ヒンチ監督「2勝ではシリーズに勝ったことにならない。このチームはシリーズに勝つことに集中している。あしたはオフで歓迎するが、ほとんどの選手たちはあしたもプレーしてすぐにシリーズに勝ちたいというエネルギーにあふれている」

レッドソックス・ファレル監督「この2戦で分かったことは、すべては失投に尽きるということだ。シリーズが始まる前に相手の攻撃は速く、そのほとんどが2死からだということは分かっていたが、彼らはきょうもそういうプレーをした」

ヤンキース・ジラルディ監督「(六回途中のサバシアの降板は)2番手のグリーンを登板させる予定だったので代えた。それがうまくいかなかった。第3戦は予定通り、田中が先発する」

インディアンス・フランコナ監督「1人や2人の選手を信じているのではない。チーム全員を信じている。今夜はチーム全体での勝利。多くのことが起こったが、何かが欠けていたら、負けていたかもしれない」

ナショナルズ・ベーカー監督「ストラスバーグは素晴らしい投球をした。(相手先発のヘンドリックスは)チェンジアップや高めの直球で(ストライクゾーンの)四隅を全て使って投げてきて攻略するのが難しかった」

カブス・マドン監督「両方の先発ともいい投球をした中で、ヘンドリックスはチェンジアップの良さが好投につながった。六回は相手の守備のミスにつけ込んでの、2本の適時打が大きかった」

ダイヤモンドバックス・ロブロ監督「まだ1試合だ。普段やっていることができなくて負けた。立て直して、明日の厳しい試合に備えてくれると思う。(相手先発の)カーショーから4本塁打を打てた。いい部分もたくさんあった」

ドジャース・ロバーツ監督「いい攻撃ができた。最初に相手をたたくことはいいことで(一回の)ターナーの3ランが大きかった。カーショーは速球の精度が高かった。点差はあったが、(抑え)ジャンセンは休養十分なので起用した」

PS日程へ

今、あなたにオススメ

ランキング

PR