花咲徳栄・岩井監督、プラスの誤算「綱脇があまりに良すぎて…」/国体 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

花咲徳栄・岩井監督、プラスの誤算「綱脇があまりに良すぎて…」/国体

更新

仙台育英戦に先発、5回1失点と好投した花咲徳栄・綱脇=松山中央公園野球場  国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第8日は7日、松山市のニンジニアスタジアムなどで18競技が行われ、高校野球硬式で、今夏の甲子園優勝の花咲徳栄は自慢の打線が機能し、危なげなく1回戦を突破した。三~五回に8安打を集めて計6得点。岩井監督は「ランナーがいると目の色が変わる。ここだというのが分かる子たち」とたたえた。

<< 下に続く >>

 先発の綱脇も5回4安打1失点と好投。プロ志望届を出した右腕は「(ドラフトに)かかったらラッキーというくらい。今日の出来もまあまあ」と謙遜したが、岩井監督は「ピッチャーみんなでいこうと思っていたが、綱脇があまりに良すぎて長めに投げさせてしまった」とプラスの誤算を喜んだ。

今、あなたにオススメ

ランキング

PR