盛岡大付、植田の3ランなどで快勝 12安打10得点と強力打線健在/国体 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

盛岡大付、植田の3ランなどで快勝 12安打10得点と強力打線健在/国体

更新

1回裏盛岡大付無死二、三塁、植田が左越えに先制3ランを放つ=松山中央公園野球場  国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第8日は7日、松山市のニンジニアスタジアムなどで18競技が行われ、高校野球硬式の盛岡大付は3番の植田が一回に先制3ランを放つなど、七回コールドゲームで1回戦に快勝した。4番の比嘉にもソロ本塁打が飛び出し、12安打10得点と強力打線は健在。関口監督は「持てる力を開放的に出してくれた」と笑顔で振り返った。

<< 下に続く >>

 昨年の夏から甲子園で3季連続の本塁打を放った植田は、社会人のバイタルネット(新潟)で腕を磨く。身長165センチの強打者は「3年後にプロへ行けるようにやっていきたい」と目標を掲げた。

今、あなたにオススメ

ランキング

PR