立正大、東洋大にサヨナラ勝ち 救援の釘宮が3勝目/東都 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

立正大、東洋大にサヨナラ勝ち 救援の釘宮が3勝目/東都

更新

救援した立正大の釘宮光希(左)と先発の鈴木友也(撮影・赤堀宏幸)  東都大学野球秋季リーグ戦は6日、東京・神宮球場で第4週の残りの3回戦を行い、立正大が東洋大に3-2でサヨナラ勝ちし、2勝1敗で勝ち点を2に伸ばした。救援した釘宮光希投手(3年)は3勝目。

<< 下に続く >>

 春に2部で優勝し、入れ替え戦に勝って再昇格の立正大は、同点で迎えた九回二死から四球と右前打で一、三塁。暴投で三走が返り、サヨナラ勝ちとなった。

 坂田監督は「シーズン序盤は、『勝たないといけない』とか『負けられない』という気持ちが強すぎて構えていた。まず『苦しみの前に楽しみがあるだろう』と話し、それからだんだんウチらしい野球ができるようになってきている」と手応えを感じている様子だった。

試合結果へ試合日程へ

今、あなたにオススメ

ランキング

PR