【球界ここだけの話(1050)】DeNA・筒香がみせた心意気 裏方スタッフに特注グラブをプレゼント  - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【球界ここだけの話(1050)】DeNA・筒香がみせた心意気 裏方スタッフに特注グラブをプレゼント 

更新

DeNA・筒香嘉智が裏方スタッフにプレゼントしたグラブ  ベイスターズブルー、ピンク、金、赤…。DeNAの練習をサポートする裏方さんたちが、そろって鮮やかなグラブに新調していた。

<< 下に続く >>

 「あまり表に出さない優しい気持ちがうれしかったですね。僕らとしてもやりがいがでます」

 こう語ったのは深沢季生ブルペン捕手(34)だ。9月27日の阪神戦(横浜)前、スタッフ10人にスラッガー社の特注グラブが手渡された。送り主は主将・筒香嘉智外野手(25)だった。

 「いつもお世話になっているので感謝の気持ちです。僕にはこんなことくらいしかできないので」

 6月中旬、筒香が同社の担当者に「僕らがプレーできるのは裏方さんのおかげ。グラブをプレゼントしたいんです」と提案した。担当者が各スタッフに希望の形、配色を聞き、このほど、完成したというわけだ。

 「ゴウ(筒香)は日常的に僕らを気にかけてくれている。食事にもよく誘ってくれる。グラブを作ってくれたのはもちろんですが、その気持ちがうれしいんです」

 現在は主に打撃投手を務め、2001年から10年途中まで横浜でプレーした吉見祐治チームサポーター(39)も、筒香の心意気に謝意を示した。さらに「うちのチームは裏方さんを大事にする面が伝統的にある。番長(三浦大輔氏)も村田(現巨人)もそうだった」と続けた。

 「僕は昔から先輩と行動を一緒にする機会が多かったので、自然とそういう姿を見てきました。自分が特に裏方さんを意識するようになったのはここ2、3年です」と筒香。3年前といえば4番に定着し、初のシーズン20本塁打を記録(22本)した年だ。立場が人を育てている。

 筒香が8月の月間MVPを受賞した際には、裏方さんがオリジナルの記念Tシャツを作ってプレゼントしたという。選手とスタッフのお互いが尊敬と感謝の気持ちを持って接している。チームの一体感、雰囲気の良さは固い絆によって支えられている。(湯浅大)

今、あなたにオススメ

ランキング

PR