上原、6年連続&カブス初セーブ!九回無死満塁“斬った” - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

上原、6年連続&カブス初セーブ!九回無死満塁“斬った”

更新

移籍後初セーブを挙げ笑顔のカブス・上原=シカゴ(ゲッティ=共同)  カブス9-5レッズ(18日=日本時間19日、シカゴ)米大リーグ、カブスの上原浩治投手(42)はレッズ戦で9-4の九回無死満塁で登板し、1回を無安打に抑えて今季初セーブ。9-5で勝ったチームの3連勝に貢献した。

<< 下に続く >>

 「チームが勝てばいい。助け合いですから。一発を浴びてもまだ勝っている場面なので、走者はいないものと考えて投げました」。六回まで9-0と大量リード。さすがに「予想していなかった」という救援登板は、5点リードの九回無死満塁でやってきた。先頭打者に左犠飛を打たれたが、後続を見逃し三振と空振り三振に封じた。

 レッドソックスに在籍していた昨年9月18日のヤンキース戦(ボストン)以来のセーブ。2012年から6年連続、通算セーブを94とした。ワールドシリーズ連覇を狙う球団にとって、臨機応変に役割をこなす42歳の右腕は欠かせない。(共同ほか)

試合結果へ上原の成績へ

今、あなたにオススメ
Recommended by

ランキング

PR