【G倒一問一答】金本監督「ジャイアンツ相手に敵地でよくやってくれました」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【G倒一問一答】金本監督「ジャイアンツ相手に敵地でよくやってくれました」

更新

1回、3点本塁打を放つ阪神・福留を出迎える阪神・金本監督=東京ドーム(撮影・山田喜貴)  (セ・リーグ、巨人1-4阪神、3回戦、阪神2勝1敗、21日、東京D)4番・福留の先制3ランとメッセンジャーが好投。金本監督は試合後、投打の柱の活躍に目を細めた。

<< 下に続く >>

 --まずは(福留の)先制パンチ。効いたんじゃないですか

 「あれで主導権が握れましたね」

 --相手先発はマイコラス。いろいろ策は練ったと思いますが

 「そうですね。あんまり相性がよくなかったんですけど、なにより4番がね、いきなり3ランを打ってくれたので。ちょっと調子を落としていたのでね、心配してはいましたけど、今日は4本(安打)ですか。はい、このまま突っ走ってほしいですね」

 --メッセンジャー、本当に良かったですね

 「そうですね。球数を気にしながらね、なんとか八回までいってくれないかな、と思っていたのでね。本当に、中継ぎもドリス以外みんな休めましたしね。よく八回まで投げてくれました」

 --ピンチでも粘り強いように見えましたが、

 「そうですね。ピンチというよりも、最後のイニングなんかは気持ちを込めてですね。147~8(キロ)出てましたし、スピリットを感じましたね」

 --名古屋で嫌な連敗のあとの1勝。大きいんじゃないでしょうか

 「名古屋で嫌な負け方で2敗したんでね。選手たちも本当によく気持ちを切り替えて、ジャイアンツ相手に敵地でよくやってくれました」

今、あなたにオススメ
Recommended by

ランキング

PR