ヤクルト、伏兵が活躍!西田先制打&荒木ソロ 真中監督「大きな仕事してくれた」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ヤクルト、伏兵が活躍!西田先制打&荒木ソロ 真中監督「大きな仕事してくれた」

更新

2回、中前適時打を放ったヤクルト・西田=神宮球場(撮影・今野顕)  (セ・リーグ、ヤクルト3-1広島、4回戦、広島3勝1敗、21日、神宮)ヤクルトは伏兵が活躍した。二回に西田が3試合ぶりの得点となる先制打を放ち、五回には荒木がソロ。真中監督は「出場機会が少ない選手が大きな仕事をしてくれた」と喜んだ。

<< 下に続く >>

 西田は捕手登録だが、故障で離脱した畠山に代わって2試合連続で一塁に入り、今季初打点。初先発の荒木は1号だった。西田が「ずっと投手陣が頑張っていたので何とか先制点を取りたかった」と言い、荒木は「追い込まれていたけど、食らい付こうと思った」と胸を張った。

ヤクルト・伊藤投手コーチ(石川に)「本当に丁寧に投げていた。十分すぎる投球」

大引(四回に適時打)「本当は初球の甘いフォークボールを打ちたかったが、結果的に安打が打ててよかった」

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by

ランキング

PR