巨人・篠原、本拠地初登板で好救援「何とか食らい付いていきたい」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

巨人・篠原、本拠地初登板で好救援「何とか食らい付いていきたい」

更新

 (セ・リーグ、巨人1-4阪神、3回戦、阪神2勝1敗、21日、東京D)巨人の篠原が19日にプロ初勝利を挙げたヤクルト戦に続いて、2試合連続で好救援した。1-4の七回1死満塁で登板し、北條と梅野をゴロに仕留めた。それでも「打ち取った球は2人とも甘かった。打ち損じてくれた感覚。レベルを上げないと」と貪欲だった。

<< 下に続く >>

 育成出身で17日に支配下選手登録されたばかり。球速150キロ前後の直球が持ち味の右腕。本拠地初登板を終え「自分にとってプラスの経験になった。継続が一番難しいが、何とか食らい付いていきたい」と必死な様子だった。

マイコラス(一回に福留に3ランを浴び、来日3年目で阪神に初黒星)「初回の失投が響いた。全体的にみるといい試合だった」

橋本到(この日昇格して先発するもメッセンジャーに無安打)「いい投手だしなかなか難しい。カーブを有効に使われた」

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by

ランキング

PR