SANSPO.COM for mobile

虎・ヘイグ、生観戦の母&弟の前で1号!止まらん開幕5戦連続安打

試合速報へ

試合速報: 野球速報 サッカー速報

虎・ヘイグ、生観戦の母&弟の前で1号!止まらん開幕5戦連続安打

更新

ヘイグは四回、左翼席へ来日初本塁打となる1号ソロを放つ(撮影・松永渉平)  (セ・リーグ、ヤクルト8-4阪神、2回戦、1勝1敗、30日、神宮)ホームベースを踏んだ後、スタンドに向かって左手の人さし指を突き出して感謝の思いを伝えた。母・テレサさん(54)と弟・マイケルさん(28)の前で、ヘイグが来日初本塁打を放った。

 「きょうは母と弟が観戦に来ているんだ。家族の前で打つことができて、うれしいよ」

 0-1の四回一死。先発・成瀬の高めの直球をジャストミート。打球は風に乗り、左翼席ギリギリに着弾した。開幕5試合目、19打席目での1号ソロ。プレゼントしたタテジマのユニホームを着て盛り上がる家族を見て、心地よさそうにダイヤモンドを一周した。

 「(家族は)できる限り(観戦に)来てもらいたいと思っている。そのなかでホームランを打てて、よかったです」

 九回には徳山から左翼フェンス直撃の二塁打。この日は2打数2安打1打点、2四球と大暴れ。知人の結婚式で一時帰国中のエリカ夫人にも、いい報告ができそうだ。

 この日の試合前、大きな紙袋を持って選手宿舎に戻ってきた。家族でショッピングを楽しんだという。家族と歩いた東京の街は桜の開花が始まったが、まだ肌寒かった。母と一緒に買ったジャケットを見て「サムイ、サムイネ」と笑った。ひげを伸ばしているのは、日本の寒さに慣れないからだという。家族とハグをして、グラウンドへと向かっていった。

 開幕5試合で打率・500(14打数7安打)、1本塁打、5打点。ここまで21打席で、一度も空振りをしていない。オープン戦で打率・194と低迷していたことが、ウソのような活躍だ。

 金本監督は「最後(九回)もいい当たりをしていたし、オープン戦のときと比べたら、そりゃ、別人になっているよね」と目を丸くした。

 試合後は「(夕食は)ルームサービスにしようと思っている。(お互いに)疲れていると思うので」と家族を気遣った。頼れるM砲は、心優しい息子の顔に戻っていた。 (柏村翔)

★母・テレサさん「心配ですね」

 バックネット裏のスタンドでは、ヘイグの母・テレサさんと弟・マイケルさんが声援を送った。テレサさんは「毎日、試合をインターネットで見ています。(米国と日本は離れているので)心配ですね」。米国でエンジニアをしているマイケルさんは「野球が好きで、米国でも見ているけど、ここもいいね」と日本の野球が気に入ったようすだった。

データBOX

 ヘイグが開幕5試合目で初本塁打。主な阪神の助っ人では1989年フィルダー、91年オマリーはともに1試合目、2010年マートンが4試合目で来日初本塁打をマークしている。今季の他球団の新助っ人では、中日・ビシエドが1試合目で放ち、そこから3試合連続本塁打を記録

試合結果へ

ランキング

PR